« 久々の晴れだったけど | トップページ | なかなかうまく行かない »

2008年12月12日 (金)

難しい天気,複雑な心境

  昨日(11日)も市内某小学校で観望会.天気は・・・雲量7程度の「晴れ」・・・こういう天気は嫌なんだよねぇ...
  「ちょっとだけでも見られれば」
と思う気持ちはよ〜くわかるし,私自身ちょっとだけでも見せてあげたいとは思うんだけど,実際に「ちょっとだけしか見られない」観望会になってしまうと主催者も参加者も私も不完全燃焼に終わってしまう.そんな中途半端な観望会をするより,屋内でプラネタリウムを見てもらい,じっくりお話をした方が有意義な気もするけど,「百聞は一見にしかず」とも言うし...毎度ながら実に複雑な心境だ.

  結局,観望会開始時刻には月も見えない状況になり,屋内での天文教室ということになった.皆さんには申し訳ないけど,私としてはちょっと安心.月も見えない天気なら仕方ないもんね.

  まずは400年前,ガリレオが行った人類初の天体望遠鏡による天体観測のお話.
「400年前にガリレオが望遠鏡を夜空に向けた時,その狭い狭い視野の向こうには無限の宇宙が,まさに手つかずのまま広がっていたのです.ガリレオが味わった感動は,コロンブスが新大陸を発見した時より大きかったんじゃないでしょうか」 

プラネタリウム投影は秋の星座の神話,冬の星座の紹介,ふたご座流星群の案内,そして恒星球を早回しして日周運動.

  最後にSETIのお話.
「地球以外に文明が見つからないということは,地球の文明も近い将来自滅してしまうのかもしれないということを示しているのかもしれません.地球以外に文明を見つけられれば,それは地球の文明が自滅せずに済む可能性を示すものなのかもしれないのです」

  SETIの話はちょっと難しく,子供たちの半分ほどには飽きられてしまったようだけど,残りの半分とご父兄の皆さんはじっくり聞いてくださったようだ.

  最後はお決まりの質問コーナー.昨日もたくさんの質問を浴びせられた.たくさんの質問が出るということはそれだけ興味を持ってもらえたということで,昨日も何とか役割を果たせたのかと私もちょっと安心.

  後片付けを済ませて外に出てみれば・・・晴れ・・・
  あぁ,またこのパターンだよ...

  しかし晴れていればじっとしていられないわけで,その後は・・・長くなるのでまた別記事ということで.

今年の観望会 予定…109 実施…62 中止…28 延期…3 屋内(外)で天文教室…16 勝率….569(62勝47敗)
連勝は4でストップ.貯金が1つ減って15.

SETI@home 現在の順位 世界…80,489位(/911,338人)国内…2,906位(/25,158人)
Einstein@home 現在の順位 世界…13,840位(/215,874人)国内…267位(/3,196人)

この記事を読んで,「曇ってしまっても有意義な時間にするというのは結構大変なんだろうねぇ」と思ってくださった方,こちらをクリックして応援の投票をお願いします→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

|

« 久々の晴れだったけど | トップページ | なかなかうまく行かない »

自作プラネタリウム」カテゴリの記事

観望会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 難しい天気,複雑な心境:

« 久々の晴れだったけど | トップページ | なかなかうまく行かない »