« ようやくここまで | トップページ | 何より嬉しい »

2008年9月20日 (土)

今度はハウメア

  いよいよ面白くなってきた.
  国際天文学連合は17日,これまで 2003 EL61 という仮符号で呼ばれていた天体を「ハウメア(Haumea)」と命名,同時にケレス,冥王星,マケマケ,エリスに続く5つめの「準惑星」の分類した.
  国際天文学連合の Press Release にはどうも Plutoid (冥王星型天体)という記述は見られないが,ハウメアが太陽系外縁天体(Trans-Neptunian Object)であるという記述はみられるから,ハウメアが4つめの冥王星型天体ということになるはずだ(冥王星型天体とは,準惑星であり,太陽系外縁天体でもある天体だから).
  最近の天文教室などで,太陽系の惑星を
「すいきんちかもくどてんかい」(水金地火木土天海)
と紹介したあと,「でもせっかくだから,こんなのも覚えてね」と言って
「すいきんちかけもくどてんかいめいまえ」(水金地火木土天海冥マエ
と紹介している.つまり,水金地火木土天海に火星の外側を回っているケレスが入り,海王星の外側に冥王星型天体の冥王星,マケマケ,エリスが続くというわけである.そして,
「この先はこれからどんどん増えていくと思います」
と話していた.そうしたらマケマケの命名からほんの数ヶ月でさらに一つ増え,
「水金地火木土天海冥ハマエ
ということになった.ハウメアとマケマケはどっちを先にするか微妙ではあるが,ハウメアの軌道半径は43.3AUで公転周期が285.4年,マケマケは軌道半径が45.8AUで公転周期が309.9年だから一応ハウメアの方が先か.
  うーん,やっぱり太陽系の仲間がまた一つ増えたようで嬉しいぞ(天体そのものが発見されたのはずいぶん前ではあるけれど).早速今晩の観望会のネタにしよう!

  ところで・・・
  更新がまたこんな時刻になってしまったのは...
  昨日ここを更新した時は,XEmacs が日本語入力を受け付けてくれない問題に悩んでいた.じつはこの問題だけを解決するのに7時間もかかってしまった(ありがちな話,こういうことの原因は実は些細な設定ミスだったりする(泣)).その問題の解決に喜び勇んで次に進もうとした矢先,ついうっかり余計なことをしたばっかりにまたしても X-Window が立ち上がらなくなってしまった.「あぁ,そもそも再インストールをするハメになったのはコイツが原因だったのね・・・勉強になってしまった(泣).そして再再インストール.天体写真を撮ったわけでもないのに2晩ほとんど寝てないぞ.まぁおかげで再インストール前に比べ良くなった部分とまだ足りてない部分でプラスマイナスゼロといったところか.ということはもう少し頑張ればプラスになるということで...さてもう少し頑張るとするか.

SETI@home 現在の順位 世界…83,736位(/877,553人)国内…3,036位(/24,465人)
Einstein@home 現在の順位 世界…14,624位(/208,914人)国内…279位(/3,091人)

この記事を読んで,「ハウメアの次,今度はいつだろう」と楽しみに思う方,こちらをクリックして共感の投票をお願いします→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

|

« ようやくここまで | トップページ | 何より嬉しい »

天文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今度はハウメア:

« ようやくここまで | トップページ | 何より嬉しい »