« MitakaPlus でハウメア | トップページ | 静かな太陽 »

2008年9月25日 (木)

実は

  最近この話題ばっかりだが...
  今年の6月,ノルウェーのオスロで開かれた国際天文学連合(IAU)の執行委員会において,太陽系外縁天体(Trans Neptunian Object)であって準惑星(Dwarf Planet)である天体について,新たな分類としてPlutoid(冥王星型天体)とすることが採択され,冥王星とエリスが「冥王星型天体」ということになった.そして7月にはそれまで 2005 FY9 という仮符号で呼ばれていた天体が「マケマケ」と命名され,さらに先日には 2003 EL61 と呼ばれていた天体が「ハウメア」と命名されて「冥王星型天体」に仲間入りした.
  2006年8月の国際天文学連合(IAU)総会で最初公開された惑星の定義原案では惑星の数は12個(現在の「水金地火木土天海」の他,ケレス,冥王星,カロン, 2003 UB313(のちのエリス))だった.その時,他に「惑星候補」として以下の12天体が上げられていた.

2003 EL61(直径1600km?,35〜52AU,のちの「ハウメア」)
2005 FY9(直径1600km程度?,39〜53AU,のちの「マケマケ」)
セドナ(2003 VB12,小惑星90377,直径1700km,76〜850AU)
オルクス(2004 DW,小惑星90482,直径1600km?,31〜48AU)
クワオアー(2002 LM60,小惑星50000,直径1200km?,42〜45AU)
2002 TX300(小惑星55636,直径900km未満?,38〜48AU)
2002 AW197(小惑星55565,直径700km?,41〜54AU)
ヴァルナ(2000 WR106,小惑星20000,直径1060km,41〜45AU)
イクシオン(2001 KX76,小惑星28978,直径822km未満?,30〜49AU)
ヴェスタ(小惑星4,直径468.3km,2.2〜2.6AU)
パラス(小惑星2,570×525×482km,2.1〜3.4AU)
ヒギエア(小惑星10,直径407.1km,2.8〜3.5AU)
(注:直径や軌道は2006年8月当時の推定)

  実はその時,「このニュースには皆さん関心があるだろうから,観望会の時にきっと質問が出るに違いない.その時にしっかり答えられるようにしなきゃ」と思い,一生懸命これら12個の天体の名前や仮符号を全部覚えたのだった.ところが,結局は一度も質問を受けることのないまま,惑星は現在の8個と決定されてしまった.
  で,その時はせっかくの苦労が無駄になってしまったのだが,ここへ来てその中の 2005 FY9「マケマケ」と2003 EL61「ハウメア」が「冥王星型天体」に仲間入りした.2年前一生懸命覚えたものだけに愛着があってとても嬉しい.そして多分残りの10個のうちのいくつかはまた「準惑星」(いくつかは木星の内側なので「冥王星型天体」にはならない)に仲間入りしてくれるだろう.その時また嬉しい気分を味わえることだろう.

  努力はいつどこでどんな形で報われるか解らないというお話(ってそんなに大げさな話ではないけど)

ところで・・・
  OSを再インストールし,PCの環境を整備する作業を続けていたが,最後に残った「Compiz-fusion がどうしても動かない」という問題が今朝遂に解決!いやぁ,これで以前より快適な環境になった!

SETI@home 現在の順位 世界…83,207位(/879,305人)国内…3,016位(/24,514人)
Einstein@home 現在の順位 世界…14,660位(/209,397人)国内…279位(/3,096人)

この記事を読んで,「無駄かもしれないと思ってもとりあえずやることはやっておくもんだねぇ」と思った方,こちらをクリックして共感の投票をお願いします→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

|

« MitakaPlus でハウメア | トップページ | 静かな太陽 »

天文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 実は:

« MitakaPlus でハウメア | トップページ | 静かな太陽 »