« トラブルトラブルトラブル | トップページ | 大変な観望会 »

2008年7月30日 (水)

目論見が

  以前,惑星を撮影する時はWATECのビデオカメラモジュールを使い,デジタルビデオに録画したものをPCに取り込んで処理をしていた.使っているカメラはWAT-100N(いわゆるネプチューン100)とWAT-250D.WAT-100Nは高感度な上,シャッタースピード,ゲイン,ガンマと幅広く細かく設定できるのだがモノクロ.WAT-250Dの方はカラーだが感度がやや低めであまり設定を変えられない.そこで,WAT-100Nのモノクロ画像をL画像(輝度情報)としてWAT-250Dのカラー画像と合わせてLRGB合成をしていた.
  最近,USBのビデオキャプチャーを家電量販店で「現品限り」で安く手に入れたので一昨日の撮影の時はビデオカメラモジュールの映像信号を直接PCに取り込んでの撮影だった.これならば,PC側で結構色々な設定ができ,結果,WAT-250Dでもなかなかいい感じの動画を取得できるようだ.それをRegistaxで処理したのが↓(昨日掲載したものと同じ画像)
2008年7月28日の木星 城里町ふれあいの里天文台にて
実は以前と同じようにLRGB合成をしようと,WAT-100Nでも撮影してあった.コイツを今日処理していた(例によってここの更新がこの時刻になってしまったのはそのためだ)のだが...
2008年7月28日の木星 城里町ふれあいの里天文台にて
あんまりいい感じにならなかった.LRGB合成をするのに,L画像よりカラー画像の方がシャープだったら意味ないじゃん...
  とまぁ目論見は外れたのだが,それはそれとしてLRGB合成をしなくてもカラー画像だけでOKだということがわかったのは収穫かも.(ついでに,本体左上に見える輝点,ノイズかもしれないと思っていたけど,別々のカメラで撮った2つの画像に同じように写っているからどうやらリアルなものらしい.衛星か?)

  今晩も市内某所で観望会の予定.天気は・・・さぁてどっちに転ぶのかな...

SETI@home 現在の順位 世界…85,091(/856,252人)国内…3,103位(/24,058人)
Einstein@home 現在の順位 世界…15,575(/204,565人)国内…296位(/3,036人)

この記事を読んで,「いずれにせよ,少しだけでも収穫があったんならそれでいいんじゃない?」と思って下さった方,こちらをクリックして応援の投票をお願いします→にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ

|

« トラブルトラブルトラブル | トップページ | 大変な観望会 »

天体写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 目論見が:

« トラブルトラブルトラブル | トップページ | 大変な観望会 »