« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月30日 (月)

特殊相対性理論

  1905年の今日(6月30日),アインシュタインが特殊相対性理論の最初の論文,“Zur Elektrodynamik bewegter Körper”(動いている物体の電気力学)を発表した.この後,特殊相対性理論を体系的に完成し,10年後には慣性系に限って論じていた特殊相対性理論を加速系にも適用できるようにした一般相対性理論を発表することになる.
  ご存知の通り,相対性理論は量子力学と並んで非常に難解な理論である.当然,私ごときが正確に理解することなんぞ到底無理な話ではあるが,理解できる範囲だけででも相対性理論に基づいて物事を考えるというのは実はなかなか楽しいものでもある.私自身,「相対性理論ほど面白い理論はない」と思っている(実は量子力学の方はホントにちんぷんかんぷんで全く理解できないのだが,もう少しでも理解できれば量子力学だってきっと面白いのだろうとは思っている).
  アインシュタインは,
1.力学法則はどの慣性系においても同じ形で成立する(相対性原理).
2.真空中の光の速さは光源の運動状態に無関係に一定である(光速度不変の原理).
という2つの仮定(公理)のみをもとに,思考実験によって新しい理論を生み出したのであった.

  細かい話は私自身ちゃんと理解できていないし,そんな中途半端な理解であってもここに書き始めたらいったいどれほどの長さの記事になってしまうか想像もつかないのでここではヤメておくことにするが,上の2つの公理が正しいと信じ,それによって「時間の相対性」に気づき,さらにそれを受け入れた(「自分」と「自分以外」で時間の進み方が別だなんて普通だったら到底受け入れ難いことだろう)というのだ(しかもそれが正しかったわけだ!)からアインシュタインの頭脳というのはいったどんなものだったのだろうと感嘆する.

  「相対性理論」をちゃんと勉強しようと思うとエラいことになってしまうが,さわりの部分だけを楽しむなら,一般向けに面白おかしく説明した本も多数出版されている.そういう本は単なる「読み物」として読んでみるのも面白い.次々と常識が常識でなくなるのはなかなか快感で,固い頭を柔らかくする効果もあったりして,普段普通に目にするものが新鮮に見えてくる.是非一度試してみることをおすすめしたい.

SETI@home 現在の順位 世界…86,841/840,483人)国内…3,188位(/23,849人)
Einstein@home 現在の順位 世界…16,989位(/202,182人) 国内…329位(/3,007人)

相対性理論を勉強したことのある方も,これからちょっとかじってみようかなと思って下さった方も,こちらをクリックして「アインシュタインは凄い!」という共感の投票をお願いします→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月29日 (日)

観望会は中止

  昨日(28日)は観望会が予定されていた.一日中曇りの予報に反して昼間は晴れていたのだが,案の定夕方にはすっかりベタ曇りになってしまい,観望会の中止を決定.
  それでも10人弱の方が会場に来てくださった.せっかく楽しみにしていて下さっていたのに本当に申し訳ない.でも天気が相手なのでこればかりは...
  こんな時でも何かしら喜んでもらえるように何とか対策を考えなきゃねぇ...自作プラネタリウム用のドームを何とかして作れないかなぁ...

  実はJAPOS九州大会から帰ってきたらドーム開発のための実験を開始するつもりだったのだが,先立つものが...現実は厳しいのであった...

今年の観望会 予定…34 実施…20 中止…9 延期…2 屋内で天文教室…3 勝率….588(20勝14敗)
連勝は2でストップ.貯金が1つ減って6

SETI@home 現在の順位 世界…86,963/840,141人)国内…3,192位(/23,841人)
Einstein@home 現在の順位 世界…17,030位(/202,110人) 国内…330位(/3,007人)

この記事を読んで「“先立つもの”を準備するのも大変だよねぇ.ガソリン代も食費も値上がりするばかりだし.」と思って下さった方,こちらをクリックして応援の投票をお願いします→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月28日 (土)

うれしい悲鳴

  JAPOS全国大会から帰り,出勤してみれば机の上は書類の山.
  そしてどういうわけか,昨日から観望会の予約の電話が次々と.
  気がついてみれば,7月は観望会が(ボランティアで個人的に引き受けた観望会も含めて)なんと15回.2日に1回の割合で観望会をこなさなければならず,観望会地獄の様相を呈してきた.
  観望会の準備と体調の管理が大変になりそうだけど,それだけたくさんの人とたくさんの時間を星を仲介として共有できるチャンスなのでこれはうれしい悲鳴.ちょうどJAPOSでたくさんのエネルギーを溜め込んできたところだし,ここは一つ気合を入れてかかるとするか!

  天気が不安だけど.
  早く梅雨が明けてくれないかなぁ...

  ちなみに今晩も観望会の予定.天気予報では曇りで現在は晴れ.さてどうなることか...

SETI@home 現在の順位 世界…86,914位(/839,780人)国内…3,187位(/23,835人)
Einstein@home 現在の順位 世界…17,003位(/202,050人) 国内…330位(/3,007人)

この記事を読んで「体を壊さないように頑張んなよ」と思って下さった方,こちらをクリックして応援の投票をお願いします→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月27日 (金)

あっという間の長い長い3日間

  熊本で行われた日本公開天文台協会全国大会から昨日(26日)遅く水戸帰着.
  毎度毎度そうなのだが,この全国大会は密度が恐ろしく濃い.3日間の会期はあっという間に過ぎ去っていったが,思い返してみると会場に到着したのがはるか昔の出来事のような気がする.会場の南阿蘇ルナ天文台は↓こんなところ.
南阿蘇ルナ天文台
いや会場もいいところでした.
もちろん夜にはナイトセッション.
初日夜行われた“ナイトセッション”
いやもちろん昼間は真面目なセッションが行われた.
セッション1 地域に愛される天文台を目指す
真剣で熱意にあふれた発表と討論が朝から晩まで延々と続く.しかし会場は実に和気藹々.これはJAPOS(とその前身である「全国の天体観測施設の会」)の特徴であり伝統でもあると思う.だからこそ内容が恐ろしく濃くなるのだとも言えるだろう.
  最終日の昨日は朝からセッションのまとめと総会.総会では前年度の事業報告や今年度の事業計画の他,サマータイム実施に対しての反対声明も採択された.
  そして大いに盛り上がったこの大会も昼頃閉会.その後は火山博物館と阿蘇山火口見学のエクスカーション.生憎火山性ガスのため火口は見学できなかったものの,
“草千里”の風景
雄大でいいところでした...

  これまた毎度のことだが,この大会に参加して,参加した皆さんから実に多くのアイディアと多大なエネルギーをもらってくることができた.現在は留守中に溜まった仕事(出勤してみたら机の上は書類の山!)を片付けつつ,もらってきたアイディアのさてどれから手をつけようかと思案中.
  さてまた一年頑張るぞ!

  最後に...
  全国に400ある天文台のスタッフの皆さんは,来場される皆さんが笑顔でお帰りになれるように日々凄まじいほどの努力を続け,来場される皆さんの笑顔を自らの情熱の源としています.ここをお読みの皆さん,もし公開天文台に行ったことがないならば,是非一度足を運んでみてください.きっと想像以上に楽しい時間を過ごすことができますよ.

SETI@home 現在の順位 世界…86,857位(/839,333人)国内…3,188位(/23,829人)
Einstein@home 現在の順位 世界…17,037位(/201,963人) 国内…330位(/3,007人)

この記事を読んで公開天文台に行ってみたいと思って下さった方,こちらをクリックして応援の投票をお願いします→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月25日 (水)

同じ志の者同士

  心配したトラブルもなく,予定通り昨日(24日)昼過ぎに日本公開天文台協会第3回全国大会の会場である熊本県は南阿蘇ルナ天文台に到着.

  開会行事、九州大山岡先生の基調講演の後第1セッション「地域に愛される天文台を目指す」.

  毎度のことながらこの会合では活発な議論が交わされ、有意義な時間だった.

  そしてその後は会期中最も大切な行事であるナイトセッション(懇親会ともいう).同じ志と熱い思いを持った人達が一堂に会しての「ナイトセッション」はやっぱり普通の「懇親会」とは訳が違う(しかも天文屋の集まりだから皆さん夜が遅いのは全然平気だったり(^^;)).深夜(というより早朝)まで激論を戦わせ、初日の日程は終了.


  さて日程は2日目.今日は朝から夕方まで様々な会議.そして夜には会場である南阿蘇ルナ天文台の80cm望遠鏡で観望会の予定だが、こちらは絶望的な天気(昨日の夜からずっと大雨).しかし夜にあるべきもう一つの大切な行事は...当然今晩あるでしょう...

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年6月23日 (月)

熊本へ!

  明日(24日)から日本公開天文台協会第3回全国大会.
  今年の会場は熊本県は南阿蘇ルナ天文台ということで,今日の午後出発し,寝台特急「はやぶさ」に乗り,明日の昼頃会場到着の予定.
  天文台協会の全国大会には,前身の「天体観測施設の会」の頃から毎年参加していて,今年で7回めの参加となるけれど...
  富山が会場だった時は,帰り道,関越自動車が事故で通行止め.
  仙台が会場だった時には,自家用車で参加したが帰り道が大雨.磐越自動車道は制限速度が50km/h.
  岡山が会場だった昨年は往路,大阪近辺で踏切事故&沿線火災で列車ダイヤに大幅な乱れ.
  過去6回の参加で3度トラブルが起こっているというのは結構凄いぞ.

  そして今回は...
途中のあちこちで大雨.果たして無事にたどり着けるんだろうか?

  ところで,来る7月5日,私の自作プラネタリウム“PPLS-1”プラネターリアム銀河座に登場します.お近くの方はぜひどうぞ.

  いつも読んで下さっている方へ.
↑ということで,27日まで更新ができないかもしれません.ご容赦ください.

SETI@home 現在の順位 世界…86,760位(/837,122人)国内…3,186位(/23,780人)
Einstein@home 現在の順位 世界…17,003位(/201,628人) 国内…327位(/3,003人)

この記事を読んで「まぁとりあえず気をつけて行ってきなよ」と思ってくださった方,こちらをクリックして応援の投票をお願いします→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月22日 (日)

今日は何の日?

  数年前も同じような記事を書いた気がするが...
  今を遡ること375年前の今日(1633年6月22日),ガリレオ・ガリレイに対する2回めの宗教裁判が行われ,ガリレオは終身刑の判決を言い渡されるとともに,地動説が事実ではないと認めることを強要された(地動説が事実でないと認めないなら死刑だったとのこと.ちなみに「それでも地球は動く」と言ったという有名な話は事実ではないらしい).
  しかし,軟禁の身(翌1634年に禁固から軟禁に減刑されている)でありながらその後も真理の追求を続け,「新科学対話」を著し,現代科学の礎を築いたのだ.そして遂に,1992年,前ローマ法王故ヨハネ・パウロ2世が1633年の宗教裁判が間違いであったことを認め,公式に謝罪したのだった.

  また,1978年にはアメリカの天文学者ジェームズ・クリスティーによって冥王星の衛星カロンが発見されている.冥王星が惑星ではなくなった2006年の国際天文学連合総会の折,当初の定義案では冥王星,小惑星のケレス,太陽系外縁天体のエリス(当時は固有名がまだなくて2003 UB313と呼ばれていた)とともにこのカロンも冥王星との二重惑星として惑星の仲間入りをするはずだったが,結果はご存知の通り.そして現在でも,「冥王星型天体」の盟主たる冥王星の衛星ということになっている.

  さらに,3◯年前の今日は,私の人生が始まった日でもあったり.こういう日に生まれた私の運命とは・・・

  結局最後には負けてしまう?
  結局大物にはなれない?

複雑だ...

実は本人はそんなことがぜーんぜん気にならないノーテンキ野郎だったりして.

SETI@home 現在の順位 世界…86,760位(/837,122人)国内…3,186位(/23,780人)
Einstein@home 現在の順位 世界…16,994位(/201,603人) 国内…327位(/3,002人)

この記事を読んで「いやアンタもしかして没後数百年もすれば報われるんじゃ?」と思った方,こちらをクリックして応援の投票をお願いします→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月21日 (土)

銀河全圖

(環境によってはタイトルの一部が文字化けしているかもしれません.4文字目は旧字体の「図」です)
  先日作りあげたGLIMPSE” プロジェクトによる天の川全景の巨大プリント,裏側に台紙として黒い模造紙を貼り付けてみた.
GLIMPSEプロジェクトによる銀河全景のプリント
う〜ん,何かの巻物のようだ(ちょっと曲がってしまっているのはご愛嬌!)

・・・

秘伝?「銀河全圖」
悪ノリして作ってみた.結構「それ」っぽいでしょ?

・・・我が家の家宝にしよう・・・

SETI@home 現在の順位 世界…86,859位(/836,728人)国内…3,190位(/23,755人)
Einstein@home 現在の順位 世界…17,082位(/201,544人) 国内…330位(/3,002人)

この記事を読んで「アンタもまたくだらないところに凝るねぇ」と思った方,こちらをクリックしてツッコミの投票をお願いします→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月20日 (金)

ないものねだり

  どうにも天気が悪い.今年,水戸地方では6月に入るやいなや梅雨入りしてしまった.その割には雨が降る日は少ないのだが,晴れも少なく,星が見える夜は非常に少ない.さらに,その少ない晴れ間でも透明度が悪い.
  仕事柄もあって,周囲の方から
「なかなか晴れないねぇ」
と言われることが多い.最近ではコンビニエンスストアでも言われたりする.
「ホント早く梅雨明けしてして欲しいです.こうも晴れないんじゃ商売あがったりですよ」
「でも晴れが続いたらつづいたでからだがもたないとかって今度ぁ逆のこと言うんでしょ」
いやおっしゃる通りです...

  でもね.やっぱり「晴れない」ってボヤくより,「体がもたない」ってボヤく方が137億倍マシなんですよ...たまには夏場に「無理」をしてみたいんだけどねぇ.

SETI@home 現在の順位 世界…86,859位(/836,360人)国内…3,190位(/23,742人)
Einstein@home 現在の順位 世界…17,111位(/201,465人) 国内…331位(/3,001人)

この記事を読んで「おあずけ状態じゃ辛いだろうねぇ」と思ってくださった方,こちらをクリックして応援の投票をお願いします→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月19日 (木)

ブラックイルミネーション

  環境省では夏至の日である6月21日から七夕の日である7月7日まで「CO2削減/ライトダウンキャンペーン」を実施している.特に6月21日は「ブラックイルミネーション」,7月7日は「七夕ライトダウン」と称し,20:00〜22:00の間,あかりを一斉に消そうと呼びかけている.
  私自身はもちろん参加するつもりだ(とは言え,晴れていれば星を見ているわけで,晴れているかぎりいつもやっていることではるのだが).
  我が水戸市では好文停をライトアップしてみたり(梅の季節だけだろうと思っていたら何と現在でも続けられていた!),駅前から水戸芸術館にかけて電飾いっぱいでピッカピカ,本物の「Star Light」を少しも見えなくしてしまう「スターライトファンタジー」という訳の分からないイベント(やや過激な表現でこの記事を読んで気分を悪くされる方もいらっしゃるだろうが,このイベントに関して私は猛反対なのであえてこの表現をさせていただく)が行われていたりと「光害」(これまた最近は「光もれ害」というべきだという意見もあり,私としてもやや同感でもあるのだが,我が水戸市に関していえば明らかに「光の害」が氾濫しているのであえてこの言葉を使わせていただく)に関して無頓着とも思えるのだが,せめて私が参加する観望会では積極的に呼びかけていこうと思っている.
  これを読んだ皆さん,とりあえずは6月21の夜,2時間とはいわず,10分でも20分でも,できる方は4時間でも5時間でも周囲の明かりを消してみてはいかがだろうか.そしてその後は晴れた夜には電気を消して,10分でも20分でも夜空を眺めてみてはいかがだろう?きっといろんな発見があるはず・・・

SETI@home 現在の順位 世界…87,110位(/835,973人)国内…3,198位(/23,735人)
Einstein@home 現在の順位 世界…17,089位(/201,377人) 国内…331位(/3,001人)

この記事を読んでご自分でもライトダウンに参加してみようと思ってくださった方,こちらをクリックして応援の投票をお願いします→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月18日 (水)

宇宙は意外に近い

  星出さんが乗ったスペースシャトルがつい最近地球に帰還したばかりで,巷ではスペースシャトルや国際宇宙ステーションに対する関心がずいぶん高まっていると感じる.
  しかし,意外に知られていないのがそれらの「高さ」.やや古い例になるが(他に資料が見つからなかったので),STS-121ミッション(コロンビア号空中爆発事故以来最初の飛行の時)で打ち上げ後の投入軌道高度は226km(飛行計画段階の数字),ISSとのドッキング高度は343km(同)だった.220kmと言えば東京〜浜松間程度だし,340kmは東京〜大阪間より近い.たかだかその程度の上空には人工衛星が飛んでいるのだから驚きだ.

  横へ移動するなら,例えば朝目が覚めた時に
「そうだ,大阪へ行こう!」
と思って即実行することも充分に可能だが,上に200km移動しようとなると数年間にもおよぶ綿密な準備と数百億円にものぼる莫大な費用が必要になってしまう.

  宇宙は意外に近いがやっぱり遠い...

SETI@home 現在の順位 世界…87,223位(/835,502人)国内…3,203位(/23,724人)
Einstein@home 現在の順位 世界…17,170位(/201,296人) 国内…334位(/3,001人)

この記事を読んで,「スペースシャトルも実はずいぶんと地球にへばりついて飛んでいるんだねぇ」と思った方,こちらをクリックして共感の投票をお願いします→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月17日 (火)

蛍と・・・

  昨日(16日)は一日中晴れ.天気予報も夜の間は概ね晴れの予報だったし,夕方もほぼ快晴だったので
「よし,今日はあの場所で日周運動の写真を撮ってやろう」
ということで早々と仕事を切り上げ,先週の土曜日に行った場所へ.
  構図を決め,暗くなるのを待って撮影開始.昨日は1時間撮りつづけようと思っていたのだが...
蛍と・・・?
撮影開始から10分ほどで雲が広がり,30分も経つとご覧の通り.なんてこった...
  とりあえず雲が広がるまで10分,28枚の画像を「比較・明」で合成したのが↓.
夜空の星と地上の星 2008年6月16日 城里町某所にて
(クリックで拡大,600 × 904 pixel,194kb)
かなり中途半端.構図も前回の方が良かったかも.蛍は盛大に飛んでいたけど.

  仕方ないので帰宅してイリジウムフレアを狙ってやろうかと思ったけど,帰宅が間に合わなかった.
  あぁ...世の中うまくいかない...

SETI@home 現在の順位 世界…87,119位(/835,121人)国内…3,198位(/23,716人)
Einstein@home 現在の順位 世界…17,190位(/201,206人) 国内…336位(/2,998人)

この記事を読んで「やっぱりいろいろとうまくいってないんだねぇ」と思った方,こちらをクリックして哀れみの投票をお願いします→にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月16日 (月)

イリジウムフレア

  昨日(15日)昼間はそこそこの晴れ.夕方ばっちり晴れていれば一昨日(14日)に行った場所に行って蛍と一緒に日周運動の写真を撮ってやろうと思っていたが,夕方はやっぱり雲が多かった.写真は撮って撮れないこともなさそうだったが,昨日は父の日ということで父の晩酌に付き合う(ホントは自分が飲みたかった?)ことにして出かけるのはヤメ.
  空には薄雲が広がっていて月と木星くらいしか見えていなかったが,明け方にはそこそこ雲の切れ間も見えたので02:30頃見えるイリジウムフレアを狙ってみることにした.
Iridium 18 による閃光 2008年6月16日02:30:28頃
ばっちり見えた.
  予報時刻ぴったりに予報位置にこれまたぴったりに現れるのが何度味わっても気分爽快.これで空が快晴ならもっと爽快なんだけど,こちらの方はとりあえずしばらくは仕方ないか...

SETI@home 現在の順位 世界…87,179位(/834,670人)国内…3,199位(/23,708人)
Einstein@home 現在の順位 世界…17,288位(/201,124人) 国内…339位(/2,997人)

この記事を読んで「人工天体を見るのもなかなか面白いよねぇ」と思った方,こちらをクリックして応援の投票をお願いします→にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月15日 (日)

蛍と星と月と

  昨日(14日)は城里町の某所で城里町ふれあいの里天文同好会のメンバーたちと蛍の観察会.今回は「地上の星」を見てやろうというわけだ.
  明るいうちに集合し,現地に行ったので最初は分からなかったが,周囲が暗くなるにつれて,↓ご覧の通り.
蛍 2008年6月14日 城里町某所にて
おお!確かにいるいる!
  最初はベタ曇りだったが,徐々に晴れて星も見えてきたので,ここはひとつ,空の星と地上の星を一緒に撮ってやろうと思い立ち,↓
夜空の星と地上の星 2008年6月14日 城里町某所にて
(クリックで拡大,600 x 904 pixel,205kb)
まあまあうまく撮れたかな.時間がなくてここまでで終了だったが,機会があればこの場所で(もちろん蛍が見られるうちに)日周運動の写真も撮ってみたいぞ.

  その後は天文台で観望会.観望対象は月.天文台には2003年の火星代接近の時以来という方が来てくださっていた.月をじっくり見ることができて満足のご様子.
「とっても楽しかったです」
いや毎度ながらそう言っていただけるとホントに嬉しいです.

天文台閉館後は曇ってしまったが,昨晩は蛍と星と月と...
満足.

今年の観望会 予定…33 実施…20 中止…8 延期…2 屋内で天文教室…3 勝率….606(20勝13敗)
連勝で貯金が1つ増えて7.勝率が6割台へ!

SETI@home 現在の順位 世界…87,160位(/834,261人)国内…3,201位(/23,697人)
Einstein@home 現在の順位 世界…17,380位(/201,051人) 国内…341位(/2,997人)

この記事を読んで「夜空の星も綺麗だけど“地上の星”も綺麗だよねぇ」と思った方,こちらをクリックして共感の投票をお願いします→にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月14日 (土)

凄い小学生

  昨日(13日)は自主企画の観望会.無事に晴れ,30人以上の参加者が集まってなかなか盛況の観望会になった.
  生憎,やっぱり空の透明度は低く,観望対象は月など明るい対象に限られてしまったが,子供たちも,ご父兄の方々も一生懸命話を聴いてくれて,やりがいのある観望会だった.
  そんな中,凄い小学生が.聞いてみたら5年生ということだったが.
「ダークマターって何ですか?」
「いやね,それに僕がちゃんと答えられたら僕がノーベル賞をとれちゃうよ.」
「銀河が内側も外側も同じ早さで回転しているから,そのためには見えないダークマターがあるはずなんだ.23%はダークマターなんだよね.」
「君はそこまで知っているのか!」

別の話の流れで
私「ブラックホールといっても,少し離れていれば吸い込まれるようなことはないんだよ.」
で,件の小学生
「そう,シュバルツシルト半径より内側に入っちゃわなければ大丈夫」
・・・小学生の口から「シュバルツシルト半径」なんて言葉を聞くとは思わなかったぞ.
「君,次の観望会から僕と替わろう!」

そんなこんなで充実した観望会は21:00頃終了.
後片付けをすませた後はイリジウムフレア.しかも連発!
まずは21:43:45,Iridium 96.
Iridium 96による閃光 2008年6月13日21:43:45
予報では−7等だったが,雲があったのか,それほど明るく感じなかった.
そしてほぼ10分後の21:53:18,Iridium 57.
Iridium 57による閃光 2008年6月13日 21:53:18
今度はかなり明るくなった.
  実はこの時,隣では城里町ふれあいの里天文同好会のMさんが撮影していたけど,うまく撮れなかったらしい.
  ふっ...年季がちがうぜ...

今年の観望会 予定…32 実施…19 中止…8 延期…2 屋内で天文教室…3 勝率….593(19勝13敗)
連敗せずにすみ,貯金が1つ増えて6.

SETI@home 現在の順位 世界…87,336位(/833,850人)国内…3,205位(/23,688人)
Einstein@home 現在の順位 世界…17,366位(/200,959人) 国内…341位(/2,994人)

この記事を読んで「世の中には凄い小学生ってのもいるもんなんだねぇ」と思った方,こちらをクリックして感嘆の投票をお願いします→にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月13日 (金)

Plutoid!

  嬉しいニュースがあった.
  ノルウェーのオスロで開かれていた国際天文学連合(IAU)の執行委員会において,太陽系外縁天体(Trans Neptunian Object)であって準惑星(Dwarf Planet)である天体について,新たな分類としてPlutoid(冥王星型天体)とすることが採択された.
  2006年8月に「太陽系の惑星は8個」と決まった時から,マスコミ等では「冥王星が惑星から降格」という報道がされていたが,私はそう思わず,2006年8月26日の記事にも

これはつまり,「惑星なのかどうか怪しい天体」から「間違いなく “dwarf planet” であり,トランス・ネプチュニアン天体の典型例」への「昇格」とも言えるのではなかろうか.例えて言えば,「妾腹」として軽んじられていた子が他家へ養子 にだされ,「一国一城の主」になったようなものか(例えがよくわからないか^^;).冥王星としても,発見から70年以上を経て,「安住の地」を得たとい えるのかもしれない.

と書き,「降格」という表現は不当だと思った.今回の採択によって,冥王星は名実ともに「冥王星型天体」の盟主として君臨することになったわけで,先に書いた例えはなかなか当を得ていると思う.冥王星も確固たる地位を得ることができ,太陽系の姿もこれでなかなかすっきりして,なんだかとても嬉しい気がする.

「冥王星型天体」という呼び名が採択されて嬉しいと思う方,こちらをクリックして共感の投票をお願いします→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

月が明るいので

  昨日(12日)は夕方まで曇りで日付が変わるころから「晴れ」の予報だった.
  生憎,ISSが見られる時刻には南の空には厚い雲があって今回は見られなかったが,20:00過ぎには快晴になった.
  月が明るいので星雲・星団の写真は撮れなかったが,それならばということで日周運動の写真を徒労撮ろうと以前から目をつけていた場所へ.
↓これがその成果.
鳥居を巡る北の星々
(クリックして拡大,600 x 900 pixel,163kb)
昨日行ったのは偕楽園の隣にある常磐神社の鳥居下.北極星がちょうど鳥居の真上に見え,とりあえず狙い通り.石段の下がはみ出してしまったのがちょっと失敗か.もう少し手前から撮れば良かったかも.

  それにしても,この時刻にこんなところでじっと写真を撮るのには勇気がいる.不審者に間違われたらどうしよう...変な人にからまれたらどうしよう...見慣れない妙な星雲(!)が写っちゃったらどうしよう...それにしても,真夜中にたくさん写真を撮っている天文マニアが撮った写真にその“妙な星雲”が写ったって話はとんと聴かないというのはいったいなぜ?

  この後23:00頃に帰宅.とりあえず成果があったことに満足してしまったのかすぐに爆睡.で,気がついた時はすっかり朝...
  ま,いいか.

SETI@home 現在の順位 世界…87,614位(/833,372人)国内…3,213位(/23,682人)
Einstein@home 現在の順位 世界…17,444位(/200,879人) 国内…343位(/2,993人)

この記事を読んで「その“妙な星雲”が写ってなくて良かったねぇ」と思った方,笑いながらこちらをクリックして応援の投票をお願いします→にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月12日 (木)

天の川全景!(その2)

  6月6日の記事に書いた天の川全景の画像だが...
  GLIMPSE” プロジェクトのホームページからダウンロードした “High-Resolution Poster Printable” という画像(全体を5つに分け,上下に並べたもの),実は14400×10800ピクセル(つまり1億5000万画素!)で,そのままではPC上で開くことすらできなかった.そこで,まずはコマンドラインからのツールで(こういう時元々 CUI が基本の UNIXOS はとても便利だと思う)縮小して眺めてみた.
「やっぱりつまらないねぇ」
せっかく高解像度の画像から作られているのにそんなに小さくしたんじゃ面白くない.
そこで今度はやはりコマンドラインからのツールで細かく分割.そして一枚ずつ眺めてみたが,
「迫力がない」
どうしてもその迫力を味わいたくなった(とは言え,High-Resolution Poster Printable” の画像そのものが既に縮小されているものではあるのだが.でもオリジナルの全長55mの画像はいくらなんでも無理ってもんだ)ので,分割した画像をプリントアウトしてつなげることを思いついた.
  A4サイズを28枚つなぎ合わせて作った巨大なプリントが昨日(11日)完成!
A4サイズを28枚つなぎ合わせた「天の川全景」のプリント
右下に写っているのは比較のための50cmのものさし.プリントは全長6.5mだ.
これでもオリジナルの1割強の大きさでしかないし,「全景」とは言え銀河中心から銀緯で±2°(中心の両側10%ずつのみ.他は±1°),銀経で±65°しかないので知っている天体のほとんどは写っていないけど,とにかく凄い迫力だ.眺めているだけでテンションが上がってしまう.

  夏の夜空の行事と言えば七夕.七夕と言えば天の川というわけで,7,8月の「天文教室」ではお目見得する予定.

  この作業,かなり大変だが,やってみる価値は十二分にあると思う.時間を見つけて挑戦してみてはいかが?

SETI@home 現在の順位 世界…87,657位(/832,995人)国内…3,211位(/23,678人)
Einstein@home 現在の順位 世界…17,482位(/200,795人) 国内…344位(/2,992人)

この記事を読んで件の画像のプリントに挑戦してみたくなった方もそうでない方も,こちらをクリックして応援の投票をお願いします→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月11日 (水)

星出さんを乗せたISS(その3)

  昨日(10日)の夜は晴れの予報だった.ここに記事を書いた時点では雲がいっぱいあったが,夕方はほぼ快晴.予報も夜の間ずっと「晴れ」になっていた.
  「よし,今日はISSの拡大撮影に挑戦してみよう」
ということで早々と帰宅.機材を設置してまずはピント合わせ.
月齢6 2008年6月10日
そういえばコイツ(R200SS)で月を撮るのは久しぶり.ピント合わせのためだけど.
ISSは手動で追尾しなきゃならないので,時間まで上空を飛ぶカラスで追尾の練習.こりゃむずかしぞ.
  そして本番.カラスで練習した甲斐あってか追尾は割とスムーズにできた.
「へっ!カラスに比べりゃ(ISSは)のろいぜ.」
もちろん,本当の早さは比べ物にならないほどISSの方が早いんだけど.
そしてその成果は...
20cm反射で撮影したISS 2008年6月10日
初挑戦だったし,条件もあまりよくなかった(最大高度27°で明るさは−1等程度)から,まぁこんなもんでしょ.もっと条件の良いときにまた挑戦してみよう.もう星出さんは乗っていないけど.

  その後は月を撮ってやろうとか球状星団を撮ってやろうかとか思っていたけど,月にはかさがかかっていたし,ISSの追尾で疲労困憊(数分とはいえ,不自然な姿勢をたもたなきゃならなかった)してしまったので諦めて機材を撤収.

  03:00頃には−6等のイリジウムフレアが見られるはずだったので02:30頃再び外に出てみると
・・・濃霧・・・はぁ・・・

SETI@home 現在の順位 世界…87,574位(/832,495人)国内…3,211位(/23,672人)
Einstein@home 現在の順位 世界…17,456位(/200,713人) 国内…344位(/2,992人)

昨日の夕方ISSを見た方も見逃してしまった方も,こちらをクリックして応援の投票をお願いします→にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月10日 (火)

とりあえず晴れたけど

  ココログのメンテナンスでこの時刻の更新.この時刻になって昨日の夜のことを書くというのもなんかヘンな感じがするがまぁいいか.

  昨日(9日)夕方は雷.この時期,夕方に雷となればその後のすっきりした星空を期待するものなのだが,00:00過ぎの空は
2008年6月10日00:00頃 自宅にて
どよ〜ん...
「もう少し待てば澄んでくるかな」
と思って薄明開始直前まで粘ってみたけれど,
2008年6月10日02:30頃 自宅にて
まぁ少しは良くなった感じだけど...天の川が見えそうで見えないといった程度.でも折角晴れたのに勿体ないので双眼鏡と小さな望遠鏡を持ち出してしばしいろいろと観望.ま,たまにはこんなのもいいもんだ.
  明け方に見られるはずだったイリジウムフレアもあんまり明るくなく,こんな空では大して面白くなさそうだったのでここまでで就寝.

  朝見た天気予報では今日(10日)は一日中晴れ,現時点の予報でも明日の朝までは晴れ.
で,今の空は...
2008年6月10日16:20頃の空
晴れてはいるけど,結構雲がいっぱい.
こりゃ今夜もダメなのかなぁ...

  ちなみに水戸地方ではISSは今日も20:00頃に西北西→南西→南(最大高度27°)で見られるはず.せめてコイツだけは見ておくか.

SETI@home 現在の順位 世界…87,657位(/832,111人)国内…3,217位(/23,666人)
Einstein@home 現在の順位 世界…17,483位(/200,636人) 国内…345位(/2,992人)

この記事を読んで「なかなかきっちり晴れてはくれないもんだねぇ」と思った方,こちらをクリックしてなぐさめの投票をお願いします→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 9日 (月)

星出さんを乗せたISS(その2)

  7月号の「天文ガイド」には地上からISSの姿をとらえた写真がたくさん掲載されている.撮影されたほとんどの方はデジタル一眼レフカメラと望遠レンズや天体望遠鏡を使い,手動(!)で追尾してモノにされているのだから凄い.
  「よし,それなら一丁挑戦してみるか!」
と思い立ち,昨晩いつも撮影に使っているR200SSで撮影に挑戦してみようと思っていたのだが...
  ベタ曇り.
やっぱりね.

  ちなみに,今晩は(水戸地方では)19:40頃北東で−2.3等,高度71°と薄明終了前ながらなかなか好条件.肉眼で簡単に見つけられる(もちろん,光の点としてだが)のでまだ見たことがない方はこの機会に見てみてはいかが?もちろん「晴れれば」の話だが...

SETI@home 現在の順位 世界…87,587位(/831,638人)国内…3,216位(/23,658人)
Einstein@home 現在の順位 世界…17,568位(/200,540人) 国内…350位(/2,992人)

この記事を読んで「もしかして今日はネタ切れ?」と思った方,こちらをクリックしてツッコミの投票をお願いします→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ
いやね,ここまで晴れないとネタ探しも大変なんですよ.これでも一生懸命探したんですよ...だから笑って見逃してやってください....

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 8日 (日)

星出さんを乗せたISS

  昨日(7日)の夜は何とか晴れて欲しかった.ちょうど城里町ふれあいの里天文台が開館する時刻に星出さんを乗せたISSが好条件で見られるはずだったからだ.ふれあいの里でも案内のビラを作ってくれていた.
  が.
  無情にも曇りで天文台は閉館.それでも時折アークトゥルスが見えていたので,これなら最大で−2.4等になるISSは見られるだろうということで天文台へ.
  で,その時刻.
星出さんを乗せたISSの光跡 2008年6月7日
ばっちり見えた!しかも,直前までアークトゥルスくらいしか見えない空だったのに,北斗七星までばっちり見えるようになっていたし.
  ↓もう一丁!
星出さんを乗せたISSの光跡 2008年6月7日
右下は天文台の建物.
  うーん,いつもとは逆方向の魔力を発揮したらしい(いつもはピンポイントで肝心なタイミングに曇られる).
  天文台前で見ていたのは私一人だったが,ふれあいの里に宿泊していた方の中にも見られた方が数人いたらしく,とても喜んでいたとのことだった.
  きっちり晴れて,天文台が開館ならみんなでワイワイと見られたのになぁ.でもまぁ私が情報を提供したことでこれを見ることができて喜んでくれた人がいたわけで,今回はそれでよしということにするか.

SETI@home 現在の順位 世界…87,615位(/831,195人)国内…3,211位(/23,650人)
Einstein@home 現在の順位 世界…17,737位(/200,476人) 国内…353位(/2,991人)

昨日の夕方ISSに向かって手を振った方もそうでない方も,こちらをクリックして応援の投票をお願いします→にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 7日 (土)

天の川銀河の姿

  昨日の記事では我々が住む「天の川銀河」を言ってみればエッジオンの向きで「内側から」(シュピッツァー宇宙望遠鏡が)見た姿の話題だったが,今日はコイツを「外側から」見たらどうなのかという話.
  今日の Astronomy Picture of the Day日本語版はこちら)は “GLIMPSE” プロジェクトのサーベイに基づいた我が銀河系をフェイスオンの向きから見た姿の想像図.なかなか均整がとれていて美しい姿だ.自分が住む世界がこういう美しい世界なのだと思うとなんだか嬉しくなる.

  ところで,我が銀河系のおとなりアンドロメダ銀河の銀緯(銀河円盤面を0°として測った緯度)は−21°48′.ということはつまり,アンドロメダ銀河から我が銀河系を眺めると,エッジオンの向きから22°ほど傾いた姿に見えるということだ.我が銀河系はアンドロメダ銀河より一回りほど小さいと言われるが,向こうから見てもこちらから見るアンドロメダ銀河と比べて極端に小さく見えるわけではあるまい.アンドロメダ銀河は(美しいことにかわりはないが)あまり細かい構造は見えないが,向こうから見た我が銀河系には想像図のような渦巻き腕が見えるだろう.我々がアンドロメダ銀河を愛でる以上に我が銀河系はあちらの天文マニアに愛されているに違いない.そう思うとさらに嬉しくなる.

  我が銀河系はハッブル分類でSBbc型に分類されるものらしい.で,ちょうどいいものがないかと探してみたが...あった!
  ↓おおぐま座系外銀河M109
おおぐま座の系外銀河M109
実直径がよくわからないので大きさについては比較できないが,SBab型であること,傾き具合(M109 の銀緯は61°55′)など,ちょうどいい具合.向こうでも「自分たちの銀河はああいう姿をしているのだろう」と思っているに違いない .

  M109 から地球にやってきた天文マニアと酒でも飲めたらさぞ楽しいだろうなぁ...

SETI@home 現在の順位 世界…87,769位(/830,792人)国内…3,225位(/23,640人)
Einstein@home 現在の順位 世界…17,709位(/200,403人) 国内…353位(/2,991人)

我が銀河系は外から見ても美しいと思うと嬉しくなる方,こちらをクリックして共感の投票をお願いします→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 6日 (金)

天の川全景!

  Galactic Legacy Infrared Mid-Plane Survey Extraordinaire (GLIMPSE)と呼ばれるプロジェクトで生まれた驚くべき画像がミズーリ州セントルイスで開催されているアメリカ天文学会の年次会議で40万×1万3000ピクセルという巨大なディスプレイに表示されている(いた?).
  この画像はシュピッツァー宇宙望遠鏡による高解像度赤外画像をなんと80万枚つなぎあわせた天の川全景の長さ55メートルにもおよぶ巨大な画像.
「うーん,実物を見てみたい」
と思ったところで見られるはずもない.GLIMPSE” プロジェクトのホームページ を尋ねてみたところ,“High-Resolution Poster Printable” という画像(全体を5つに分け,上下に並べたもの)がダウンロードできるのでさっそくダウンロードしてみたけれど...
  これがまた大変.
  この画像,なんと14400×10800ピクセルで,jpeg であるにもかかわらずファイルサイズは67Mb.ダウンロードだけでも大変だったが,ダウンロードしたところで今度は表示するのも大変.ブラウザ上ではなんとか表示できたものの,これを Photoshop だとか GIMP だとかいうフォトレタッチソフトで開こうもんならフリーズ間違いなしだ.そこで,コマンドラインからのツールで縮小したのだが,この処理だけでもざっと1時間.ようやくお目にかかれたのだが,やっぱり小さい...なんとか元のサイズ(いややっぱり長さ55mは諦めるとして,“High-Resolution Poster Printable” のサイズ)の迫力を味わってみたいぞ.全体をなんとかして分割してプリントアウトできないものか.どうせしばらくまともには晴れないだろうから一丁挑戦してみるか!

この巨大な画像見るためには,高速の回線とそこそこハイスペックのPCが必要だろうが,一見の価値はあると思うのでそれなりの環境をお持ちの方は試してみてはいかが?

SETI@home 現在の順位 世界…87,687位(/830,346人)国内…3,226位(/23,634人)
Einstein@home 現在の順位 世界…17,688位(/200,326人) 国内…353位(/2,990人)

この記事を読んで「そのでっかい画像の迫力をぜひ味わってみたい!」と思った方,こちらをクリックして共感の投票をお願いします→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 5日 (木)

間一髪

  昨日(4日)は一日中曇りの予報.結構晴れていたけど.
  それでも夕方には曇ってしまったのですっかり油断していたのだが...
  20:30過ぎ,帰宅しようと職場を出たところ,そこそこ晴れていた.
「あれ,今日はISSをチェックしてないぞ.」
こうなると急いで帰宅してPCを立ち上げて調べるしかない.
それこそ大急ぎで帰宅して調べてみると,ISSが見えるのは20:58頃.
「あと6分!」
ばたばたと走り回ってカメラを用意.
星出さんが乗ったISSの光跡 2008年6月4日
間一髪!間に合った!
星出さぁ〜ん,見てますよー!

SETI@home 現在の順位 世界…87,740位(/829,926人)国内…3,229位(/23,623人)
Einstein@home 現在の順位 世界…17,860位(/200,238人) 国内…355位(/2,989人)

「“そこ”に日本人がいると思うとなんだか嬉しくなるよねぇ」と思う方,こちらをクリックして共感の投票をお願いします→にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 4日 (水)

将来は地球防衛軍?

  日本時間今日未明,「きぼう」をISSに取り付ける作業を行った宇宙飛行士の星出さんも少年時代に好きだったというアニメ「宇宙戦艦ヤマト」.かく言う私もかなり夢中だったクチだが,そのヤマトが所属していたのは「地球防衛軍」.
  その「地球防衛軍」が将来現実のものになるかもしれない.
  もっとも,現実世界の「地球防衛軍」は異星人の侵略から地球を守るわけではなく,地球に衝突する可能性のある小惑星から地球を守るためのもので,「軍」と言えるかどうかはわからないが.
  アイオワ州立大学の Bong Wie 教授が世界初となる Asteroid Deflection Research CenterADRC:小惑星軌道修正研究センター)を設立した.現在入手可能な技術の中から,将来地球に小惑星が地球に衝突して壊滅的な被害をもたらすことを回避するために有効な技術を検証するためだ.
  現時点でもっとも有効と考えられる方法は,「衝突機」を衝突させて軌道を逸らす方法だ.早い話がなにかモノをぶつけて軌道を逸らしてやろうというわけだ.その際に,爆薬やら核爆弾やらを爆発させて効果を高めることも考えられる.はっきり言って「ムダ」とも言える核兵器の技術ももしかしたら役に立つかもしれない.その他,弱い力を長時間加えて小惑星の軌道を変える「スロープッシュ」技術なども検討していくということだ.
  Wie 教授によると,もっとも非現実的と思われることは「各国政府が,発生する可能性の低い長期的な問題に対して,すぐに資金を投じると考えること」だそうだ.
  いや,おっしゃる通りだと思います.

  ・・・

  やっぱり小惑星を動かすと言えば「核パルスエンジン」ですよ.もっとも,某物語の中では小惑星を地球に衝突させるために使われていたが.
「行け,ア◯※ズ!忌まわしき記憶と共に!」

SETI@home 現在の順位 世界…87,943位(/829,397人)国内…3,235位(/23,614人)
Einstein@home 現在の順位 世界…17,891位(/200,157人) 国内…356位(/2,986人)

この記事を読んで「アンタもしかして“そっち”もマニア?」と思った方,こちらをクリックしてツッコミの投票をお願いします→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 3日 (火)

梅雨入り

  昨日(2日)「晴れない」という記事を書いたばかりだが,茨城県地方では6月に入っていきなり梅雨入りしてしまった.まぁここまで晴れる日が少ないと梅雨入りしてもしなくても大して変わらないような気がしなくもないが.気象庁が梅雨入りを発表するとその後しばらくは好天が続くというのもよくあるパターンだが,今年はどうやらダメそうだ(ということを書けばもしかして晴れるのではないかとちょっと期待していたり^^;).

  ちなみに,60年前(1948年)の今日はパロマー山天文台の開所式が行われた日.実は「天文少年」ではなかった私は見たことがないのだが,私と同じかやや上の世代の天文少年たちはこのパロマー山天文台の写真集に憧れたものだったそうだ.私が冷却CCDを購入する際,お店の方に「このCCDと20cmの望遠鏡があればパロマー山天文台の写真集くらいの写真は撮れる」と言われたことを覚えている.果たしてそれほどの写真が撮れているかは疑問だが,私自身がそれなりに満足のいく写真はそこそこ撮れたと思っている.

  その冷却CCDを購入してからこの季節を迎えるのは6回目となるが,6月〜8月にかけて使えたのは何とたったの1回.今年は早く梅雨入りしたのだから早く梅雨明けしてこの季節に撮れる天体を撮影するチャンスに恵まれないものかと淡い期待...

SETI@home 現在の順位 世界…88,069位(/829,002人)国内…3,242位(/23,601人)
Einstein@home 現在の順位 世界…17,990位(/200,070人) 国内…359位(/2,985人)

この記事を読んで「ホント早く梅雨明けしてほしいよねぇ」と思った方,こちらをクリックして共感の投票をお願いします→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 2日 (月)

晴れない...

  このブログでは「晴れない晴れない」とボヤいてばかりで,天文のブログだか天気のブログだかわからない状況になってしまうことが多い今日このごろだが,「晴れない」というのは私がそう思っているだけではなさそうだ.
  気象庁によると,4,5月の計61日のうち,東京では6割以上にあたる37日で降雨を記録した.「雨が降った」日が6割以上あるわけで,「晴れなかった」日の割合はもっと多いだろう.しかもそれは昼間の話で,「昼間は晴れていたのに夜になったら曇った」日も結構あったわけで,「星が見える夜」というのがいかに少なかったかということがうかがえる.
  もちろん,東京と茨城ではやや事情が違うのだろうが,私自身,4,5月の(天体写真の)作品はわずかに2点.観望会は1月〜3月までが13勝7敗で勝率6割5分0厘だったのが4,5月は6勝5敗の勝率5割4分5厘.まぁこちらはほとんどベタ曇りの中,参加者が集まってほんの少しの晴れ間から土星や月を見たこともあったりして勝率としては「健闘」しているが,それでも勝率はやっぱり下がっている.

  で,昨日(1日).夕方には曇ってしまう予報だったので諦めていたのだが,とりあえず晴れていた(やっぱり透明度はとても低かったが)ので星出さんがのったスペースシャトルの姿をとらえるべくカメラを用意.北の低空だったこともあって時間に余裕をみて準備を始め,なんとかその姿をとらえられる場所をさがしてうろうろしているうちに,
「あ゛,イリジウムフレアだ...」
スペースシャトルにすっかり気をとられていて全然チェックしていなかった...
「まぁここでいいか...」
とカメラの位置を決め,時計を見ると...
「あれ?時間過ぎてるやん.」
結局見逃した...ダメじゃん...

スペースシャトルは今晩21:46頃また見るチャンスがあるはず.今晩もやっぱり天気はダメそうだけど.

 

SETI@home 現在の順位 世界…88,094位(/828,431人)国内…3,247位(/23,589人)
Einstein@home 現在の順位 世界…17,965位(/199,964人) 国内…358位(/2,984人)

この記事を読んで「こうも晴れないと何もできないわけで,実はココのネタも結構苦労してるんじゃない?」と思った方,こちらをクリックして同情の投票をお願いします→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 1日 (日)

祝!ディスカバリー打ち上げ成功!

  今日(1日)日本時間06:02,星出さんを乗せたスペースシャトル「ディスカバリー」がケネディー宇宙センターから打ち上げられ,約40分後に地球周回起動にのって,打ち上げは成功した.日本時間3日未明には国際宇宙ステーションにドッキング,「きぼう」の中核となる船内実験室を取り付ける.今回のミッションがすべて順調に進めば「きぼう」は3分の2が完成することになる.

  昨日のニュースで初めて知ったが,星出さんが中学,高校時代を過ごしたのは我が茨城県内のつくば.出身は東京だそうだが,一応同郷の人だったんだねぇ.その中学,高校の同級生が作詞した星出さんの応援歌は「ロボットアームで抱きしめて」.いや私は遠慮しておきます.痛そうだから...

  星出さんが乗ったスペースシャトルは今日21:32頃,北の空に見えるはず(地域によって異なります).低空(高度は10〜11°)なのでちょっと苦しいけど,北側が開けているところで見られる方はお見逃しなく.私の自宅からは...ちょっと無理だろうなぁ.どこかへ出かけてみようか...さて天気は・・・あぁ,ダメかも.

SETI@home 現在の順位 世界…88,269位(/827,949人)国内…3,250位(/23,580人)
Einstein@home 現在の順位 世界…18,008位(/199,848人) 国内…359位(/2,981人)

星出さん,「小学生の時からの夢が実現して(しかも大きな夢!)どれほど嬉しいんだろうなぁ」と思う方,こちらをクリックして共感の投票をお願いします→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »