« 自作プラネタリウムのススメ | トップページ | 祝!ディスカバリー打ち上げ成功! »

2008年5月31日 (土)

久しぶりの大歓声

  昨日(30日)の観望会は予定通り(?)の曇りで室内での天文教室.いろいろと準備したネタが役に立ったわけだ.
  まずは Mitaka Plus を使って星座と宇宙のお話.本当は本物を見られるはずだった土星とその環について話した後,「土星の環がどのようにしてできたのか,そしてこの立派な環がなぜ土星だけにできたのかということを,世界中の天文学者が納得できるように説明できたらノーベル賞がきっととれます.みなさん,これから一生懸命勉強して,ぜひノーベル賞をとってください.そして,ノーベル賞をとったら,インタビューでは『小学生の時の天文教室でお話を聞いたのがきっかけだったんです』って言ってくださいね」
「え?なんで?」
「だって僕も有名になりたいもん.」
  他力本願.

  その後,太陽系をズームアウトして見せたところ,子供たちは画面に表示されている「ホームズ」の文字に興味津々の様子.
  「このホームズ,実は残念ながらシャーロック・ホームズとは全然関係がないんですね.これはホームズ彗星と言って,エドウィン・ホームズさんが発見したからホームズ彗星なんです.彗星は,発見したら早い方から順番に3人までの名前がつくわけです.ですから,僕がもし彗星を発見したらNakagawa彗星ということになるんですよ.皆さんも将来ぜひ彗星を探してみてくださいね.そしてもし発見できたら,『小学校の時の天文教室でお話を聞いたのがきっかけだったんです』って言ってくださいね.」
  爆笑.

  そしてお待ちかね,プラネタリウムの出番.電気を消して,天井や壁に星々が映し出された瞬間,
「うわ〜っ!」
と私もしばらく喋れないほどの大歓声.
  一通り星座を説明したあと,
「ではちょっと時間を進めてみます.」
星空を回転させたところでまた大歓声.
また一通りの解説を終えたところで
「このプラネタリウム,実は世界にこれたった一台しかないんです.なんでこれ一台しかないかというと,これは僕が作ったものだからです.」
ここで今度は盛大に拍手.
  ここのところ,どうもウケがイマイチで,投影中も皆さん「シーン」として見ていることが多くてやや欲求不満だったけど,こうして歓声をあげてくれたり,盛大に拍手してくれたりするといや実にうれしいものだ.

  その後,これまた予定通り月球儀やら望遠鏡やら卓上プラネタリウムやらを紹介.月球儀には思いっきり大きなクレーターを作られてしまったけど,何人かは興味をもってくれた様子.ぜひ作ってみてくださいね.

  その後の恒例「質問コーナー」もなかなか盛り上がって終了.久しぶりにいい天文教室ができたかな.昨日の子供たちの中の誰かが有名な天文学者になったりとか,彗星を発見したりとかしてくれたら幸せだろうなぁ.

今年の観望会 予定…31 実施…18 中止…8 延期…2 屋内で天文教室…3 勝率….581(18勝13敗)
「予定通り」とは言え曇りだったわけで連勝はストップ.貯金が1つ減って5.

SETI@home 現在の順位 世界…88,840位(/827,438人)国内…3,273位(/23,569人)
Einstein@home 現在の順位 世界…18,179位(/199,750人) 国内…360位(/2,980人)

この記事を読んで「一生懸命やったことで喜んでもらえるってやっぱり嬉しいよねぇ」と思ってくださった方,こちらをクリックして応援の投票をお願いします→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

|

« 自作プラネタリウムのススメ | トップページ | 祝!ディスカバリー打ち上げ成功! »

自作プラネタリウム」カテゴリの記事

観望会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりの大歓声:

« 自作プラネタリウムのススメ | トップページ | 祝!ディスカバリー打ち上げ成功! »