« 夜までは | トップページ | プラネタリウムを作ろう! »

2008年5月17日 (土)

見てみたい

  一般的(なのかどうかやや自信がないけど)に天文屋が生きているうちに一度は見ておきたいと思うものが5つ.
1.オーロラ.
  夜空を彩る光のカーテン.やっぱり一度は見てみたいねぇ.ちなみに現在は太陽活動が穏やかなので見られるチャンスは少ないとか.
2.皆既日食
  これも一度見ると病みつきになるそうな.マニアの間で「食中毒」という言葉もあり,「蝕中毒」とも書くらしい.来年の沖縄皆既日食はぜひ見たいぞ.
3.大彗星
  夜空に雄大な尾をひく彗星.百武彗星やヘール・ボップ彗星は凄かった.当時私はまだ天文マニアじゃなかった(当時は現在天文に打ち込んでいるのと同じくらい何とオーケストラに打ち込んでいた!)けど,成り行きで飛行機の窓からヘール・ボップ彗星を見られる幸運に恵まれたりもした.最近ではマックノート彗星が北半球からはあまり良く見られなくて残念だったけど,
C/2004 Q1 NEAT彗星
ニート彗星(C/2001 Q4)はなかなか楽しめたし,ちょっと異質だったけど昨年の
17P Holmes彗星
ホームズ彗星(17P)のアウトバーストは凄かった.大彗星というのはそうそう見られるものでもないのだが,大彗星が多くやってくる時期というのもあるらしい.宮沢賢治が若い頃もそんな時期だったとか.
4.流星雨
  これがやっぱり一番エキサイティングだろう.
2001年しし座流星群
(クリックで拡大,640 × 480 pixel,85kb)
私の人生で見てきたものの中で一番凄かった.現在でこそそれが宇宙空間に漂う「チリ」が大気圏に突入して光っているものだとわかって眺めているから「凄い!」と言って感動しているけど,その正体がわかっていなかった時代にそれを目撃したらさぞ怖かっただろう.
  あぁ,もう一度見てみたい.
5.肉眼超新星
  見てみたいなぁ.それもかに星雲を作った1054年の超新星のように昼間でも見える超ハデなやつを.さそり座δ星が増光したとか,ベテルギウスが減光したとかいうニュースがある度にちょっと期待するけど超新星につながるものではないらしい.最近,NASAが140年前に爆発した超新星の残骸を観測したとか.日本では明治元年の頃だが,観測記録がないところをみるとそれほど目立ったものではなかったのかも.

  上の5つのうち,1と2は毎年世界中のどこかでは起こっているのでお金さえかければいつかは見られる(そのお金があるかどうかが問題ではあるけれど(泣))わけだし,3と4は既に見たのでOKとして,やっぱり5だよ.ベテルギウスが爆発する(or した)ところを見てみたいぞ.

  でも爆発後のオリオン座は寂しくなるだろうなあなんて思ったり...

SETI@home 現在の順位 世界…90,553位(/819,988人)国内…3,329位(/23,371人)
Einstein@home 現在の順位 世界…19,330位(/198,527人) 国内…375位(/2,967人)

「生きているうちにベテルギウスの超新星爆発を見てみたい」と思う方,こちらをクリックして共感の投票をお願いします→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

|

« 夜までは | トップページ | プラネタリウムを作ろう! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 見てみたい:

« 夜までは | トップページ | プラネタリウムを作ろう! »