« 土星の環 | トップページ | ハレー彗星 »

2008年4月12日 (土)

幸か不幸か

  このタイトル,いったい何度めだろう?
  昨日(11日)は観望会の予定だった.いつもなら「晴れてくれ」と願うところだが,昨日は訳あってスタッフが私一人だったので複雑な気分だった.
  結局,幸か不幸か夕方から快晴.とにかく一人で全てをこなさなくてはならないので早めに準備開始.
Iridium 10 による閃光 2008年4月11日
↑その準備中に見られた−8等のイリジウムフレア.観望会の準備作業中だったこともあってロクな準備もなしに撮影したので見えなくなる前にシャッターが閉じてしまったけど.
  観望会は今年度最初で,年度が始まったばかりということもあってほとんど人が集まらないのではないかと思っていたけど,十数名集まった.
  メニューの最初は月.月齢5.3で程よくクレーターも見え,参加者もその見応えに満足の様子.ついでにガリレオの望遠鏡でも見てもらった.
「意外に見えるもんですねぇ.みづらいけど.」
いやホントです.その狭い狭〜い視野の中にクレーター(カタリーナ,キュリッロス,テオフィルスなど)がきっちり見える.よくもまぁ土星の環が見えた(どうやらガリレオ自身は環になっていることは分からなかったらしいが)と感心したが,月にクレーターがあることを発見したというのは納得.
  そしてメインディッシュの土星.その星が土星であるとは言わずに「見ればわかります」といって望遠鏡を覗いてもらったが,皆さんノリがよくて,望遠鏡を覗いて「うわー!」と声を上げたあとに次に人に「何が見えるの?」と聞かれても「見ればわかるよ」.
  ここで昨日の記事に書いたムダな計算が役に立った.
「土星の環を13億km彼方の地球から見ているということは屋久島から東京上空にある直径220mのコピー用紙を見ているのと同じくらいのスケールなんですよ.」
「へぇ〜」
とまぁ皆さん驚いたご様子.
  その後子供たちからたくさんの質問が出て,観望会は予定より30分長く1時間30分ほどで終了.なかなか充実した観望会だったと思う.

  で,その後はこれまた一人で撤収作業.自前の機材で撮影をした後もそうだけど,撤収作業が一番キツい.あーあ,やっぱりドームが欲しいなぁ...(最近PODというドームが気になっている.これなら何とか買えるかも...あぁ,また物欲...)

  観望会後はどこかへ出かけてまた日周運動の写真を撮ろうと思っていたけど,ここまでで疲労困憊.「サボっちゃおうかなぁ」なんて思っていると幸か不幸か雲が広がり,すっかりベタ曇りに.良かったんだか悪かったんだか...

今年の観望会 予定…21 実施…14 中止…4 延期…2 屋内で天文教室…1 勝率….667(14勝7敗)
久々ながら3連勝で貯金が1つ増えて7.

SETI@home 現在の順位 世界…96,576位(/805,232人)国内…3,543位(/23,080人)
Einstein@home 現在の順位 世界…23,186位(/195,281人) 国内…463位(/2,935人)

この記事を読んで,「何にしても後片付けが一番面倒だよねぇ」と思った方,こちらをクリックして共感の投票をお願いします→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

|

« 土星の環 | トップページ | ハレー彗星 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

観望会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 幸か不幸か:

« 土星の環 | トップページ | ハレー彗星 »