« Google Sky Web版 | トップページ | 月の地形 »

2008年3月19日 (水)

カメラ発明記念日

  今日(19日)は「カメラ発明記念日」だとか.
  これは世界初の実用写真技法であるダゲレオ・タイプと呼ばれるものが1839年に発表された日に由来するものだが,どうも実は8月19日の間違いらしい.
  まぁ日付はともかく,カメラの歴史は1839年,つまり今から約170年前に始まったということになる.
  時代を経てこの写真技術は天文学にも応用されるようになり,1890年代からは写真乾板による天体写真により,数多くの小惑星が発見された.ちなみに,冥王星が初めて撮影されたのは1915年のこれまた3月19日(クライド・トンボーが冥王星を発見したのは1930年1月23日と29日に撮影された2枚の写真乾板からだったが,その後の調査で冥王星の姿は1915年3月19日に撮影された写真乾板にまで遡って見つかった).
  そして写真はフィルムを経てデジタルの時代へ.昨今の電子機器技術(コンピュータ等も含む)の急速な発展のおかげで,今や(少なくとも我が日本では)カメラの恩恵にあずからない人を探すほうが難しいかもしれない.
  私のような「天体写真マニア」が存在できるのも写真技術の開発に携わった多くの先人たちのおかげだ.実にありがたいことである.

  ありがたいついでに天気に恵まれてくれるともっとありがたいのだが...
  昨晩も土星の撮影に挑戦したものの薄雲&激しいシンチレーションで惨敗.そのあと日周運動の撮影をしようと千波湖畔に行ったものの,北極星も見えないほど透明度が低い空で惨敗.
  そして今日から明日にかけては雨の予報.

  あぁ,やっぱり世の中うまくいかない...

SETI@home 現在の順位 世界…101,816位(/794,690人)国内…3,790位(/22,871人)
Einstein@home 現在の順位 世界…26,869位(/193,260人) 国内…539位(/2,916人)

この記事を読んで,「まだ苦悩は続いているようだねぇ」と思った方,こちらをクリックして応援の投票をお願いします→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

|

« Google Sky Web版 | トップページ | 月の地形 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

昨日、どかんさんのところで、ボーグで土星を見ていたんですが、すごく良いシンチレーションでしたよ。
ほとんど土星が揺れていないんです。
カッシーニ空隙が手前まで回っていて、A環、B環が分離していました。76EDにLV2.5です。あまりにすごいシーイングで、初めて、76mmで200倍ができるLV2.5という無謀な機材が生かせました。
どかん師匠もはっきり分離を確認しました。
土星に落ちた環の影も極細でクッキリでした。
EDの威力も実感です。
隣に置いた15cm反射では、カッシーニ空隙は見えませんでした。(所有者曰く、光軸があってないから。)
20:00〜21:00頃の話です。

投稿: つるつる亭やかん | 2008年3月19日 (水) 20時26分

あれ?そうだったんですか?
私は茨城県庁のすぐそばで見ていたんですが,終始ゆらゆらしてました.
うーん,市街地故のシンチレーションなのか,それとも大口径反射故の筒内気流なのか(それを見越して2時間程前から準備していたんですがねぇ)...
良い屈折望遠鏡が欲しいです.

投稿: Y-Nakagawa | 2008年3月20日 (木) 12時34分

みんな の プロフィールは、アクセスアップをお手伝いするサイトです。
http://blog.livedoor.jp/mpfeelg/


より多くのひとに貴方のブログを見てもらえます。

投稿: みんな の プロフィール | 2008年3月26日 (水) 14時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カメラ発明記念日:

« Google Sky Web版 | トップページ | 月の地形 »