« 地球への隕石衝突 | トップページ | 格安の宇宙旅行 »

2008年3月27日 (木)

物欲再び

  最近,日周運動を映す固定撮影に結構ハマっている.これなら空が結構明るくても面白い写真が撮れるわけだし,何より月が明るい時期に取り組む天体写真として最適だと思う.地上の風景と共に写せるので,折角だからどこかへ出かけて撮ってきてみようかなどと妄想は膨らむばかり.
  しかし,ここでまた問題が発生している.
  ↓これは最近の作品から原寸大で切り出したもの.
点々になってしまっている星の軌跡
Web に掲載したり,2L版程度へのプリントなら気にならないけど,実は星の軌跡が点々.
  私が使っているカメラは初代 EOS Kiss Digital.これで 1360 × 2048 pixeljpegfine モードで撮影,そこそこ 20MB/sec で書き込める CF に記録に1枚分を書き込むのに1秒から1.5秒くらいかかる(20MB/sec のはずなのにこれだけかかるのはやっぱりカメラ側の問題だろう).しかもこのカメラ,連写モードは4枚までで,4枚撮影すると CF に書き込みにかかり,その書き込みには数秒かかる.連写モードでシャッターを押しっ放しにすると4枚はいいとして,次の4枚までに時間が開いてしまうわけで,この方法で撮影すると星の軌跡が「ー ー ー ー」になってしまう.
  そこでいつも1枚撮影する度に書き込み状況を見ながら,露光と露光のインターバルができるだけ短くなるように手動(!)でシャッターを切っているのだが,やっぱりどうしても星の軌跡が点々になってしまう...1枚あたりの露光時間を短くすることでいくらかは気にならないようにできるらしいけど,そうなると撮影も処理も大変になってしまうし...発売されたばかりの EOS Kiss X2 なんかだともっとインターバルを短くできるんだろうか?これを機に新しいカメラも欲しいなぁ...でもそれより天体用改造一眼デジカメが欲しいしなぁ...次期主力となる望遠鏡も欲しいし,ポタ赤に載せて手軽に月を撮ったりできる望遠鏡も欲しいし,Hα太陽望遠鏡も欲しいし...欲しいものは大渋滞.先立つものがないというのに...なんて思いながら,月面や惑星やHα太陽像の撮影に試してみたくなって(割と普通の) Web カメラを衝動買いした私...だめじゃん!

SETI@home 現在の順位 世界…99,798位(/798,122人)国内…3,699位(/22,944人)
Einstein@home 現在の順位 世界…25,676位(/193,876人) 国内…511位(/2,921人)

この記事を読んで,「相変わらず下世話な悩み事が尽きないようだねぇ」と思ってくださった方,こちらをクリックして応援の投票をお願いします→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

|

« 地球への隕石衝突 | トップページ | 格安の宇宙旅行 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

なるほど初代キスデジはそういう動作になってしまうんですね。キスデジNは書き込みと撮影が同時に動くので、1枚の書き込み時間<露出時間なら連写モードでつっかからずに撮影できます。ですがシャッターチャージの時間は必要なので、やっぱり点々です。

投稿: katabami | 2008年3月29日 (土) 17時24分

>なるほど初代キスデジはそういう動作になってしまうんですね。

そうなんですよ.これが結構厄介です.
キスデジNでもやっぱり点々ですか.より広角レンズにするとか,一枚あたりの露光時間を短くするとかでそこそこ改善できませんかね?
改善できないにしても新しいカメラなら撮影の手間はぐっと少なくなりそうですね.なんとかしたいなぁ.

投稿: Y-Nakagawa | 2008年4月 4日 (金) 09時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 物欲再び:

« 地球への隕石衝突 | トップページ | 格安の宇宙旅行 »