« 月の地形 | トップページ | 珍しく »

2008年3月21日 (金)

横と縦

  現在国際宇宙ステーションに滞在している土井隆雄さんと福田首相と中学生たちの交信が昨日(20日)行われた.
  その中でちょっと印象に残ったのが,福田首相が言われた
「400kmというと東京〜大阪より近いわけで,将来は新幹線で宇宙に行くようになるんじゃないか?」
ということ.
  低軌道の人工衛星が回っているのは高度350kmから1400km程度.スペースシャトルが打ち上げ直後に乗る軌道で高度200km程度.横に200km移動することなど現代なら別に大したことはない.例えば水戸〜東京間がざっと100kmだから,それを往復すれば200km移動することになる.それには3時間もあれば充分だし,費用だって1万円でおつりがくるだろう.
  ところが,縦に200km移動するとなると大変だ(もちろん,真上に200kmというわけに行かず,もっと長い距離を移動することになるのではあるが).年間数十回程度しかない打ち上げのチャンスに,充分に訓練を積んだ宇宙飛行士が万全の準備をした上で搭乗し,宇宙に向かうのだ.そしてその費用はスペースシャトルの1回のミッションで4億5000万ドル(今の相場なら450億円?).横と縦でこうも違うものか.それは同時に我々の生活圏が非常に狭い範囲に限られているということでもあるのだろうけど.
  将来,「今度の週末はちょっと宇宙へ」なんてことが気軽に言える日がやってくるのだろうか...

SETI@home 現在の順位 世界…101,678位(/795,518人)国内…3,782位(/22,875人)
Einstein@home 現在の順位 世界…26,789位(/193,422人) 国内…535位(/2,919人)

この記事を読んで,「いつか気軽に宇宙に行ける日がくるといいよねぇ」と思った方,こちらをクリックして共感の投票をお願いします→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

|

« 月の地形 | トップページ | 珍しく »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 横と縦:

« 月の地形 | トップページ | 珍しく »