« 天気に泣かされる | トップページ | 系外銀河の姿 »

2007年11月29日 (木)

ポータブル赤道儀のススメ

  星が好きな人はもちろん,それほど星に興味がない人でも,「星空を写真に撮ってみたい」と思うことは多いのではなかろうか.実際,観望会の折に,参加者が空にデジカメや携帯電話のカメラを向けている光景を良く目にする.いやそれではやっぱり写らないと思いますが(時々ストロボを光らせている人も!).
  一眼デジカメと三脚をお持ちなら,とりあえず三脚にデジカメを載せ,夜空に向けてみよう(コンパクトデジカメでも撮れる機種はあるのだろうが,私は試したことがない).とりあえずピントは∞,感度は最大,露光時間は30秒程度.ケーブルレリーズやリモコンスイッチが使えるなら使った方が良い.使えないなら,セルフタイマー昨日を利用すると良い.いずれにせよ,シャッターが開く瞬間や,開いている間にカメラに触れないようにすること.
  これだけでも主要な星座が分かる程度の写真ならば撮れる.これはこれで楽しく,撮った写真をパソコンの画面に表示して星図と見比べれば星座を覚えるのにも役に立つ.が,多分飽きる.
  そこそこ面白いので,晴れた夜には星空にカメラを向けていろいろ撮ってみる.ところが,星空というのはそうそう毎晩変わるものでもないのであっというまに撮るものがなくなってしまうのだ.さてその先はどうするか...
  本格的に天体写真を趣味にしてみようと思うなら,かなりの出費(おそらくは最低でも数十万円!)は覚悟しなければならないので,いきなり踏み切るのはおすすめしない.実際に取り組むとなると相当な苦労(寒さと眠気とはいつも闘いになる)があるので,挫折してしまう危険性大.挫折してしまうとせっかくの出費がまるまる無駄になってしまうのだ(挫折しなければしないで私のように人生を踏み外してしまう危険性もあったりするが).
  そこでおすすめなのがポータブル赤道儀.かなり信頼性のあるものでも十万円程度,安いものなら三脚やその他必要なものすべて含めても5〜6万円.これにカメラを載せてもう少し露光時間を長くすれば驚くほど暗い星まで写るようになり,暗い空の下なら天の川だってばっちり写る.さらに望遠レンズ(ズームレンズの中にはレンズの自重で露光中に動いてしまうものがあるので,できれば単焦点のものが良い)が一本あれば撮影できる対象の幅はグンと広がる.
  ちなみに,
M45_071006

ホームズ彗星の変化
ホームズ彗星(クリックで拡大,600 × 600 pixel,92kb),そしておとめ座銀河団などは一眼デジカメ+200mm望遠レンズ&ポータブル赤道儀の組み合わせで撮ったものだ.もちろん,画像処理など他に工夫はいろいろ必要だけれど,これだけでもかなりディープな世界を楽しめるものだ.
  既に重量級の機材をお持ちの方にもおすすめしたい.私のように機材はあってもドームがない方には特に.重量級の機材というのは,設営にかなりの時間と労力,そしてなにより「今晩は機材と持ち出そう」という決心が必要なのだ.機材の設営に時間がかかるので設営中に曇ってしまうということもしばしば.快晴でも少し雲や風があったり,天気予報に「曇り」マークがついていたりするとつい「今晩はヤメにしておこう」と思ってしまうものだ.そんな時に威力を発揮するのがポータブル赤道儀.じっくりと腰を据えて撮る必要のある星雲・星団などは気力と体力が充実している時に主力機材で撮るとして,今回のように彗星などが見えている時には得に強力な武器たりえる.私の使っている「スカイパトロール」で準備に必要な時間は5分程度.天気予報が「曇り」であろうと,所々に雲が漂っている天気であろうと,「あ,晴れてる」と思えば「とりあえず彗星だけでも撮っておこうか」という気になれるのだ.気楽に撮れるから毎晩でも撮れる.彗星なら毎晩それなりに変化(最低でも見える位置は変化していく)するので,その変化を追うのも実に楽しい.
  冬のボーナス(実は私にはボーナスなどないのだが)の使い道が決まっていないそこのアナタ!この機会にポータブル赤道儀をゲットしてみてはいかが?

SETI@home 現在の順位 世界…151,285位(/719,629人)国内…5,577位(/21,432人)
Einstein@home 現在の順位 世界…49,088位(/182,208人) 国内…928位(/2,757人)

今年の観望会 予定…94 実施…53 中止…25 延期…5 屋内で天文教室…9 勝率….564(55勝39敗)
予想通り昨日も曇りで観望会は中止.2連敗で貯金がさらに1つ減って16.

|

« 天気に泣かされる | トップページ | 系外銀河の姿 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

観望会」カテゴリの記事

コメント

はじめまして、大阪在住の中島と申します。
以前から天体写真に興味がありましたがなかなか機材が高額な為できませんでした。
現在はフリーでカメラマンをしており、おおまかな機材は揃っています

しかし、赤道儀でないため、できるだけ安価で信頼性ある赤道儀を購入したいと考えております。

タカハシは赤道儀は生産終了となり今後のフォロー面で心配なのでビクセンがいいかなと思っております。

赤道儀でおすすめなものがあればご教授いただいてもよろしいでしょうか?
宜しくお願い致します。

投稿: 中島 | 2011年5月14日 (土) 11時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ポータブル赤道儀のススメ:

« 天気に泣かされる | トップページ | 系外銀河の姿 »