« ふたごの星 | トップページ | 影絵とのコラボ »

2007年10月26日 (金)

Holmes彗星...?

  例によって例のごとく,タイトルの後ろが「...」なのはがっかりした記事.ただ,昨日(26日)はがっかりだけでもなかったのでさらに「?」.
  7年の周期で太陽のまわりを回っているホームズ(Holmes)彗星,近日点を通過したのは今年5月のことで,現在は太陽から2.4天文単位(地球と太陽の間の距離の2.4倍で約3億6000万km).10月23日までは17等で観測されていたのが,急に,しかも猛烈に明るくなって昨日の段階までに2等に達する勢い.昨日の朝になるまでこのニュースを知らなかったのだが,昨日の早朝(03:30頃)ここに載せる魚眼レンズの全天写真を撮っていたのでチェックしてみると...
  写っていた!
17P Holmes彗星 2007年10月25日早朝.円周魚眼レンズによる写真からの切り出し
(画像中央右上の輝星がミルファック(アルゲニブ),左端がカペラ)
円周魚眼レンズ(しかもソフトフィルター付き)からの切り出しなのでちょっと無理があるけど.
  しかしねぇ,なんというタイミングの悪さ!水戸地方は昨日の夜から天気が下り坂で,今日は雨.来週にならないと晴れがやってこないらしい.来週まで待っていたら彗星暗くなっちゃうじゃん!

  ・・・

  良からぬことを思いついてしまった.「晴れを求めて移動してみようか...」
  早速天気予報を調べてみたら,東北方面なら晴れそうだった.仙台まで行けばもしかしてなんとかなるかも...なんて思っていたら,JAPOS(日本公開天文台協会)のメーリングリストで仙台市天文台の方からの投稿で「仙台も天気は下り坂」とのこと.仙台まで移動して曇られたんじゃ悲しいので移動は断念.
  夕方まで晴れていた水戸も次第に雲が広がり,一時は全天ベタ曇り.この時に完全に諦めた.
  昨日は(観望会ではない)仕事で遅くなり,21:00過ぎ頃職場のベランダから空を見上げてみたところ,なんとペルセウス座のあたりだけ晴れているではないか!慌てて双眼鏡を持ち出して空に向ける.
  明るいのですぐに見つかった.もっとも,彗星というイメージとはずいぶん違ったけど.普通彗星といったら「ぼやっとしていて,やや緑かかった青」に見えるものだけど,コイツは「一見すると恒星のようだけど,ちょっと広がりがあってややオレンジ色」という感じ.
  「これなら写真に撮れるかも!」
  と思ったけど,こういう時に限って望遠レンズは自宅.慌ててやりかけの仕事を片付けて帰宅することにした.
  が,帰宅するまで晴れ間が持たないかもしれないと思って,職場(茨城県庁のドまん前!)の駐車場から持ち合わせていた広角レンズの固定撮影で一枚.
17P Holmes彗星.2007年10月25日21:30頃
やっぱり彗星のようには見えない.色もわからない.ペルセウス座の星が一個増えたという感じ.
  急いで帰宅したが,自宅についた時,晴れ間はすっかりなくなっていた.
  なんとかまた晴れ間が広がってくれないかとその後何度も空を見上げてみたけど,ペルセウス座のあたりが晴れ間になったのが数回.しかもほんのわずかな間で結局上の一枚が唯一の写真になった.

  今夜は絶望的.あー,何て運が悪いんだ...でもまぁ,数日の間に30万倍以上も明るくなったという珍しい彗星を,ほんのわずかなチャンスの間に目撃できたというだけで良しとしておくか...しかしねぇ,ほんの数日で30万倍以上にも明るくなるなんて...名探偵,きっと何かすごいひらめきがあったんだろうな...

SETI@home 現在の順位 世界…195,724位(/704,671人)国内…7,186位(/21,006人)
Einstein@home 現在の順位 世界…61,102位(/179,431人) 国内…1,148位(/2,727人)

|

« ふたごの星 | トップページ | 影絵とのコラボ »

天文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Holmes彗星...?:

« ふたごの星 | トップページ | 影絵とのコラボ »