« がんばれ!オポチュニティー | トップページ | 小惑星 »

2007年9月19日 (水)

月.

  やっぱりなかなか晴れないねェ...
  夕方,ちょっとだけ月が見えていたので,久しぶりに作りかけ(でもう1年以上ほったらかしになっている)空気望遠鏡を持ち出して月を見てやろうと持ち出した.
  けど...
  「見えそうで見えない...」
  なんて手間取っている(ただでさえ調整が難しいのに,作りかけなので余計に難しい)間に月は雲の向こうへ.なんてこった...

  嘆いているだけでは芸がないので,ふとした思いつきで,「月が歌われている歌」を調べてみた.月周回衛星「かぐや」も打ち上がり,もうすぐ月への起動に投入される頃だし.

雨降りお月      歌詞:野口雨情  作曲:中山晋平
                でも雲の蔭.
アカシヤの花    歌詞:松坂直美  作曲:橋本國彦
                2番の歌詞に出てくる.「暮れゆけば 夕月淡く〜」
秋の月          瀧廉太郎 作詞・作曲  山田耕筰 編曲
                でも歌詞には一度も登場しない.
うさぎ          わらべうた
                「十五夜お月さま見てはねる♪」
美しき天然      歌詞:武島羽衣  作曲:田中穂積
                2番の歌詞「夏は涼しき 月の絹」
朧月夜          歌詞:高野辰之  作曲:岡野貞一
                春の透明度の低い空に見える月.
                1番の歌詞「夕月かかりて 匂い淡し」
                2番の歌詞「さながら霞める 朧月夜」
お山の大将      歌詞:西条八十  作曲:本居長世
               「お山の大将 月ひとつ あとから来るもの 夜ばかり」
蛙の笛         歌詞:斎藤信夫   作曲:海沼実
                冒頭「月夜のたんぼで コロロ コロロ」
                3番の歌詞「ごらんお月さんも 夢見てる ささ 夢見てる」
かなりや        歌詞:西条八十   作曲:成田為三
                4番の歌詞「唄を忘れた 金絲雀は 象牙の船に 銀の櫂
                月夜の海に 浮かべれば 忘れた唄を おもいだす」
雁              文部省唱歌
                1番の歌詞「月のさやかな 秋の夜に 棹になり かぎになり
                わたる雁 おもしろや」
荒城の月        歌詞:土井晩翠   作曲:瀧廉太郎
                歌詞全体が月を題材にしている.
                はっきりと出てくるのは
                「いま荒城の 夜半の月」
                「嗚呼荒城の 夜半の月」
故郷の空        スコットランド民謡   歌詞:大和田建樹
                「夕空晴れて 秋風吹き 月影落ちて 鈴虫鳴く」
十五夜お月さん  歌詞:野口雨情  作曲:本居長世
                そのまんま.
証城寺の狸囃子  歌詞:野口雨城  作曲:中山晋平
                「つ つ 月夜だ みんなでて こいこいこい」
白月            歌詞:三木露風  作曲:本居長世
                「照る月の 影みちて」「ただ白し 秋の月夜は」
                「泣きあかせ 秋の月夜は」
月の砂漠        歌詞:加藤まさを  作曲:佐々木すぐる
                「月の砂漠を〜」
月見草の花      歌詞:山川清   作曲:山本雅之
                「月のしずくを すって咲く 夢のお花の 月見草」
                「ほんのり月の 出た宵は こがねの波が ゆれる海」
                「今日も一人で 月の海 じっとながめる 足もとに ほのかに匂う
                  月見草」
とうだいもり    イギリス民謡   歌詞:勝 承夫
                「こおれる月かげ 空にさえて」冬の月.
夏は来ぬ        作詞:佐佐木信綱  作曲:小山作之助
                  4番の歌詞「夕月すずしき 夏は来ぬ」
花              歌詞:武島羽衣   作曲:瀧廉太郎
                 おぼろ月.「錦織りなす 長堤に 暮るればのぼる おぼろ月」
花かげ          歌詞:大村主計   作曲:豊田義一
                 満月.各番は「十五夜お月さま〜」から始まる
埴生の宿        歌詞:J.W.Payne  作曲:Sir Henry Rowley Bishop
                訳詞:里見 義
                2番の歌詞「清らなりや 秋の夜半 月はあるじ 虫は友」
浜千鳥          歌詞:鹿島鳴秋  作曲:弘田龍太郎
               「青い月夜の 浜辺には」
               「月夜の国へ 消えてゆく 銀の翼の 浜千鳥」
浜辺の歌        歌詞:林 古渓   作曲:成田為三
                「ゆうべ浜辺を もとおれば
                昔の人ぞ 忍ばるる
                寄する波よ 返す波よ
                月の色も 星の影も」
ふるさとの      歌詞:三木露風   作曲:斎藤佳三
               「ふるさとの 小野の木立に 笛の音の うるむ月夜や」
螢              文部省唱歌.歌詞:井上赳  作曲:下総皖一
               「山の三日月 隠れる頃は ほ ほ ほたるが 飛んで出る」
夕焼小焼        歌詞:中村雨紅   作曲:草川 信
                「子供が帰った 後からは
                まるい大きな お月さま
                小鳥が夢を 見るころは
                空にはきらきら 金の星」
ゆりかごの歌    歌詞:北原白秋   作曲:草川 信
                「ゆりかごの 夢に
                黄色い月が かかるよ
                ねんねこ ねんねこ ねんねこよ」
宵待草          歌詞:竹久夢二  作曲:多 忠亮
               「待てど 暮らせど 来ぬ人を 宵待草の やるせなさ 今宵は 月も
                でぬそうな」

  日本の歌ばかりではなく,外国の民謡なんかも混じっているけれど,いずれも日本人に愛されている歌ばかり.やっぱり月って昔から身近な存在なんだねぇ.(私も含めて)天文屋は邪魔者扱いもしているけど.
  日本が打ち上げた月周回衛星「かぐや」.学術的成果はもちろんのこと,この探査機がさらに月を身近な存在にしてくれることを期待している.(私的にはハイビジョンによる「地球の出」が楽しみ♪ 本当は生で見てみたいけど,生きている間にそれは無理だろうから..)

|

« がんばれ!オポチュニティー | トップページ | 小惑星 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 月.:

« がんばれ!オポチュニティー | トップページ | 小惑星 »