« 二晩連続 | トップページ | 月. »

2007年9月18日 (火)

がんばれ!オポチュニティー

  私はどうもいろんなものに感情移入しやすい性格だ.いろんなものに「人格」のようなものを感じてしまう.以前このブログでもふれたくじら座のミラも,「死期が近いことを悟り,残った力を振り絞って後に続く世代のために必死に星の材料を振りまいている」と感じて切なくなったり,オリオン座にある目立たない星雲も「近くにオリオン大星雲があるばっかりに有名になれない」と不憫に思ったり.
  そして今度はNASAの火星探査車オポチュニティーだ.これもまた以前の記事“侍のようだ”でふれているが.
  オポチュニティーがついにビクトリア・クレーターへの一歩を踏み出した.これが最後の挑戦になるかもしれない危険な旅にだ.
  この決定がなされたのは6月のこと.しかしその後,予期していなかった大砂嵐に見舞われた.砂嵐のせいで太陽電池に太陽光が当たらず,危険な状態だった(太陽電池による発電ができない間に探査車内部での電力が途絶えてしまい,太陽光が当たる状況になった時に太陽電池パネルが太陽の方向を向いていなかったりすると,その向きを修正することもできず,発電が途絶えて機能回復が不可能になってしまう).そんな危険の中,オポチュニティーは(実際は地上スタッフの必死の努力の賜物なのだが)活動を最低限に抑え,砂嵐が収まるまで耐えに耐えたのだ.90日という設計寿命の12倍もの間活動を続け,疲れ切った,満身創痍の体で(じゃないのかなぁなんて思ってしまう訳だ.実際はそうでもないのかもしれないけど).
  そして砂嵐がおさまり,オポチュニティーは動きだした.もう帰れないかもしれないという危険な旅に.なんだか心から応援したい.

  がんばれ!オポチュニティー! 

って,実際にはこれを動かしているのはNASAの地上スタッフな訳で,その努力には心から敬服するし,「最後かもしれないけど,これで終わりにするつもりはない」という姿勢にも感動.あらためて地上スタッフにも心からのエールを送りたい.

|

« 二晩連続 | トップページ | 月. »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: がんばれ!オポチュニティー:

« 二晩連続 | トップページ | 月. »