« ペルセ群の夜に | トップページ | 幸か不幸か »

2007年8月14日 (火)

天気はやっぱり意地悪だ

  一昨日(12日)から昨日(13日)にかけては明るくなるまで城里町ふれあいの里天文台ペルセウス座流星群観望.2時間程仮眠をとった後,ふれあいの里から水戸市の職場に出勤.夕方まで仕事をして,今度は職場から再びふれあいの里に移動して20:30から天文台で観望会.
  いややっぱりきついです...
  昨日は「曇って欲しい」というのがホンネだったが,一昨日に勝るとも劣らない程素晴らしい星空.あー,天気はやっぱり意地悪だ...
  観望会中にもペルセウス座流星群のものと思われる明るい流星もそこそこ流れたし,前日のようなハプニングも無かったし,天の川がはっきりと見える素晴らしい星空で,お客さんも喜んでくれたし,疲れて寝不足の体にムチ打った甲斐があったというものだ.
  が,問題はここからだ.2日連続でほぼ徹夜というのは過去に何度も経験はしているけれど,暑い盛りでは数年ぶり.正直耐え切れるか自信も無かったけど,これほど素晴らしい夜空を前にしてはやっぱりじっとしてはいられない.そのまま天文台で撮影に突入.
  最近ずっと「今度の機会にはコイツを撮ろう」と狙っていたのが「シュテファンの五つ子」.昨日がその機会だったという訳だ.
  勇んで撮影に臨んだものの,午前0時頃,目標の天体は天頂付近.天文台の望遠鏡は自動導入装置はおろか導入支援装置もない上,主砲の40cm鏡はニュートン式.天頂付近ともなると,階段(40cm鏡を覗くために職員が手作りした移動式の階段がドーム内に置いてある)の一番上に昇っても背伸びをしないと接眼部に届かない.その状態で望遠鏡を操作して目標の天体を探すのだからとても大変.導入に散々手間取った末,午前2:00過ぎにようやく導入に成功.写真も撮りたかったけど,是非眼視で見てみたかったこの天体.だったが,「見えたような見えなかったような...」
シュテファンの五つ子
でも写真には写ったんだから,位置は間違えていなかったということだ(上の画像はあまり処理をしていない,ほとんどナマのもの).少しガイドエラーがあるのが残念だけど.まぁこれまでホームページに掲載していたヤツよりはこれでも遥かにマシだ...

  薄明開始ぎりぎりまで撮り続け,ダークフレームとフラットフレームも撮って
「さていつもの写真を撮ってから片付けて終わり!」
と思ったのだが,ここで耐え切れずに「3分間だけ仮眠」と思ったが気づいた時には30分経っていた.どうしようか迷ったけど一応撮ったのが↓.
2007年8月14日 城里町ふれあいの里天文台屋上にて
思いっきり青空になってしまった...

  この後一時帰宅したものの,睡眠時間は少ししかとれず.2日間で睡眠時間は合計で4時間弱.そして今夜も「晴れ」の予報.

  もつのか?これで...

今年の観望会 予定…63 実施…35 中止…17 延期…4 屋内で天文教室…7 勝率….556(35勝28敗)
昨日はあんまり望まない連勝だったけど,これで3連勝で貯金が1つ増えて7.

自作プラネ  ひとこと作業日誌
一昨日は現状で手に入る部品で作業を続けようと思ったけど,「やっぱり秋葉原に行ってからかなぁ...」と迷いが出て作業は停滞中.

|

« ペルセ群の夜に | トップページ | 幸か不幸か »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

観望会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 天気はやっぱり意地悪だ:

« ペルセ群の夜に | トップページ | 幸か不幸か »