« 中間報告 その5 | トップページ | 満月の夜は快晴 »

2007年2月 2日 (金)

陽の当たる仕事

  普段私の仕事はほとんど「陽の当たらない仕事」だ.「日陰の仕事」でもないが.
  昨日(1日)は珍しい「陽の当たる仕事」だった.朝(9:00)から市内の某小学校で太陽の観望会だったのだ.
  4:00頃はベタ曇りだったのでさてちゃんと晴れるのかと心配したのだが,なんとか晴れてくれた.黒点がないのではなかろうかという心配あったが,こちらもとりこし苦労で立派な黒点がいくつか見えていた.
  ・・・とは言え,子供たちがそれを見て喜ぶかと言えば...
  それでも昨日は半分くらいの子供たちは歓声をあげてくれたが,残りの半分は「ふぅん...」という反応.むしろ普通の授業じゃなくて,授業の時間に校庭に出られたことの方が嬉しいらしかった.
  その後,金星やヴェガの導入を試みたが,薄雲が出ていたので断念.やや中途半端になってしまったが仕方ないので,いつもの「質問コーナー」.
  「太陽と地球の間の距離は約1億5000万kmで,この距離を時速100kmの自動車で走ると170年くらいかかる」
  という話を聞いていた子供から
  「地球はその距離を半径にして太陽のまわりを1年で回っているということは,地球の動く早さはそんなに速いんですか?」
  という質問を受けた.スルドイ!地球の(太陽系内における)公転の速さは毎秒約30km.ま,地球にとってみればそれほど速いというものでもないのだろうが,我々人間にとっては凄い速さだ.それに,惑星探査機を打ち上げたりするときはこの速さを利用する訳で,この質問をした子の科学的センスの素晴らしさに驚いた.将来是非大物になってもらいたい(その時,興味をもったきっかけは小学生の時の今日の経験だったと言ってくれるともの凄く嬉しいんだけど).

  そして今日の夜空は...
2007年2月2日 自宅にて
  快晴.満月近い月が強烈に明るいので空の透明度はイマイチよく解らないけど,青白い月光がなんとも清々しい.

今年の観望会 予定…13 実施…7 中止…2 延期…4 勝率….538
貯金1.

自作プラネ  恒星球制作作業進捗度・・・92%
こちらも昨日は快調で1日で1%.残り8%!

|

« 中間報告 その5 | トップページ | 満月の夜は快晴 »

観望会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 陽の当たる仕事:

« 中間報告 その5 | トップページ | 満月の夜は快晴 »