« 星空観望会 | トップページ | 祭が終わって »

2006年11月18日 (土)

歓声

  昨日(17日)は市内某公民館で観望会.天気予報は朝からずっと晴れマークが並んでいたのに,夕方になるまで少しも晴れず.
  その状態は観望会開始時刻になっても少しも変わらず,(注文通り?)観望会は屋内での天文教室となり,私の自作プラネタリウム“PPLS-β” の活躍となったわけだ.
  青空投影機の明るさを少しずつ暗くしつつ,夕焼け投影機を少しずつ明るくする.そして両方とも暗くしながら恒星球の電球を明るくしていく...

「うわー!」「凄ーい!」「きれーい!」

  湧き上がる大歓声.この状態が1分あまり続く.作った本人としてはこの時間が一番嬉しいんですよ,ホント.あぁ作って良かったなァって...

  気持ち良く天文教室を終えて外に出てみると.

  また晴れてるってか!

  満天の(とはいかなかったが)の星空.あ〜あ,またこのパターンだよ.ま,私としては自作プラネが活躍できて良かったんだけど.

  そんなこんなで昨日は帰宅が遅くなった.さらに,天気予報では「茨城県北部南部ともに今夜は(中略)曇り」の予報.思いっきり快晴だったけど今日(18日)は城里町ふれあいの里 で年に一度のイベント「星空観望会」がある日だし,あまりリスクを冒すわけに行かず「どうせ曇るさ」と自分に言い聞かせて撮影は断念.が,↓これが午前3時20分頃の空.
2006年11月18日 自宅にて

  結局は撮影日和だった.全くこんな時に限ってこれだ.あぁぁ世の中うまく行かない...

自作プラネ  恒星球制作作業進捗度・・・68%
遂に中盤戦(赤緯−22.5以北)の作業が終了.闘いはいよいよ終盤戦に突入&天の川に突入していきなり苦戦中.

|

« 星空観望会 | トップページ | 祭が終わって »

自作プラネタリウム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 歓声:

« 星空観望会 | トップページ | 祭が終わって »