« どちらがいいのか | トップページ | ドームが欲しい »

2006年7月 1日 (土)

前哨戦は満足

  昨日(30日)は市内某小学校で観望会.天気を心配したが,まぁ「注文通り」の曇り(まぁ晴れた方がいいんだけど,中途半端な晴れよりはみっちり曇った方がやりやすい).そしてこれまた予定通り観望会は屋内での「天文教室」ということになった.
  先日の日本公開天文台協会 仙台大会での投影ですっかり自信をもち,満を持して自作プラネタリウム“PPLS-β” の出番となったわけだ.しかも,強化改造後で小学校での投影はこれが初である.
  準備完了し,会場となった視聴覚教室の電気を消したところでわき起こった大歓声!
  やっぱりこれこそ「プラネ制作」の醍醐味!!いや〜作って良かった!
  一通り投影した(暑い中暗幕を閉めていたので余計に暑く,短い時間しか投影ができなかったのが残念!)ところで,このプラネが手作りであることを明かすと子供たちからも保護者の方からも盛大な拍手をいただいた.
  今日の会場は本当に「真っ暗」に出来たので写りにも満足だったし.
  さらに,天文教室終了後,担当の先生には「お話を聞いていて,本当に星が好きなんだろうなぁとつくづく感じました」と言われた.
  そうなんです.それが一番伝えたいことなんです!
  多分今回の「天文教室」はとても良かったんだろう.プラネの写りもよかったし.そして今日のプラネターリアム銀河座 での投影の前哨戦としてもとても満足のいく結果になった.

  ・・・と,ここまでは良かったんだが,プラネの出番だったということは天気が悪かったということで...現在は雨,時おり強く降っている.当然写真は休み.
  あぁぁぁ,こちらの方はいつまでたってもうまく行かない...

|

« どちらがいいのか | トップページ | ドームが欲しい »

自作プラネタリウム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 前哨戦は満足:

« どちらがいいのか | トップページ | ドームが欲しい »