« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月31日 (火)

天気…

Fe_060130
  昨日(30日)は某所にて観望会の打合せ.そのほか天文談義に花を咲かせて来たが,「30cm望遠鏡が70万円くらいで作れる」とかいろいろ「毒な話」もたくさん伺って来た.おかげで私の進行性口径肥大症は一層悪化したようだ.
  20:30頃帰宅.天気予報では絶望だったので安心していたが,この頃はやや薄雲がはっていたものの結構星が見えていた.で,一応予報をもう一度チェックしてみたところ,夜の間中晴れマークが…それでしばらく様子を見ていたが,雲は広がる一方だったので,とりあえず今晩は休むことにして,溜りにたまった作業を進めていた.ところがこれまた溜りにたまった疲労のためについうとうと…全然能率が上がらないので少し休むことにしたらそのまま爆睡…2:40頃に目が醒めて外に出てみると晴れているではないか!あぁ勿体ないことをしたと一時思ったのだが,よくよく見てみれば北極星が肉眼で見えない.どうも全天に薄雲がでているようで,これではどうしようもないのでひと安心といったところだ...

  写真はその薄雲を通しての星空.この写真でも北極星は微かにしか写っていない.寒さや眠さにひたすら耐えて撮影を続けたときの夜空には比ぶるべくもないが,これからしばらくはこんな夜空ばっかりなんだろうなぁ...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月30日 (月)

新作その5

りょうけん座の系外銀河NGC4631
  28日から29日 にかけて撮影した新作,そしてこの前のM98 をさらに上回る出来の作品(だと思っている),りょうけん座系外銀河NGC4631 です.
  この日は少し早めに準備を始め,撮影中も極力無駄な時間を作らないように撮影に集中,そして居眠りをしないように必死に我慢をするといった涙ぐましい努力の結果,途中ガイド不良に悩まされたにも関わらず総露光時間の自己最高記録を樹立しました.この作品の総露光時間は291分,5時間に迫ろうという長時間露光です.
  その甲斐あって,我ながら惚れぼれするような作品に仕上がりました.階調,なめらかさ,色合い,全てに満足しています.欲を言えば,暗部のノイズがやや気になることと,NGC4731と伴銀河のNGC4627の間のタイダル・テイル(tidal tails)が写って欲しかったなぁというところですが,現時点の機材&技術のレベルでそれを求めるのは無理じゃないかと思っています.

  これでとりあえず今回の新作シリーズは終りです.今晩からしばらくはあまり天気の良くない予報ですので,ゆっくり休めそうです.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

疲労困憊

Fe_060129
  昨日も某所で観望会.昼間から薄雲が張っていて,透明度も悪く生憎の夜空ではあったが,参加者は結構楽しんで行かれたようだ.
  もしかして今晩も撮影ができるのではないかと思いながら帰宅したが,幸か不幸かやはり薄雲が出ていたので撮影を断念.
  すぐにここに載せる写真を撮ってから休むつもりだったのだが,自室に入ったところで力尽きた.布団に入ってそのまま爆睡.気が付いたのは今からおよそ30分前だ.慌てて外に出てみると結構晴れていた.もしかして撮影をやれたのかと思ったが,やっぱり薄雲が出ているのを見て一安心...
  結局先週ゆっくり布団に入れたのは日曜日(22日)と金曜日(27日)のみ.こうして気を緩めてみると凄まじく疲労している.体のあちこちが痛い.

  写真は自宅の夜空.この時刻になるともう春の星座も傾き始め,東のそらにはさそり座も顔をだしている.透明度も低く,いかにも「春の空」という感じだ.あぁ...もう少しで花粉症の季節か...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月29日 (日)

新作その4

りょうけん座の系外銀河NGC4656
  26日から27日 にかけて撮影したりょうけん座系外銀河NGC4656 です.南西部は非常に淡いのでやや Noisy になってしまったのが残念ですが,以前に銀塩で撮影したものに比べるとずっと良いのでそれなりに気に入っています.ちなみに,これでも総露光時間251分の力作です.

  今朝,撮影終了後の撤収作業のとき,文字通り天からささやかなご褒美をもらいました.↓
Iss
  国際宇宙ステーション(ISS)と思われる(確認はしていないのですが,この明るさの人工天体となればISSに間違いないでしょう)明るい人工天体が空を横切って行くのが見えたのです.慌ててカメラを用意したので,構図がイマイチになってしまいましたが,いつかは撮りたいと思っていたのでラッキーでした.

  新作はさらに続きます...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新作その3

M98
  新作その3,そして今回の新作シリーズ(今のところ)最高の出来の作品,1月25日から26日にかけて 撮影したかみのけ座系外銀河M98 です.私自身かなり気に入った出来に仕上がりました.もっとも「お手本」と思ってBest of the Advanst Observing Program に掲載されているこの天体の画像を見た時,あまりの解像度の違いにげっそりしましたが...まぁむこうは20inch リッチー・クレチアン,こちらは8inch ニュートン,お値段で50倍も違うわけですから仕方ないですよね...

  新作はまだ続きます.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そしてまた撮影中

Fe_060128
  昨晩は自分を納得させられる理由があってようやく休めたのだが,今晩はそうは行かなかった.夕方からなんとか今晩撮影をしない理由を探したのだが,空の状況は良くなる一方.ついに理由を見付けられず,現在撮影中だ.もっとも,今晩はなんとか撮り直したかった天体の撮影をする予定だったので幾分複雑ではあったが.

  なんのかんのと言いながら,ここ数日は満足の行く成果が上がっているので実にエキサイティングだ.あまりにも新作が多いので画像処理&HTMLの作成が間に合わずなかなか新作を発表出来ない状況が悩みのタネになっている.
  そう言えばいつの間にか風邪は治ってしまった...

  写真は今日も撮影中の夜空.透明度は可もなく不可もなくといった程度.獅子も今一つ元気がなさそうだ.最近,抜群の透明度になる夜が少なくなってきた.まだまだ寒い(明朝の水戸地方の最低気温は−6度という予報だ)が,もうすぐ春になる気配といったところか.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月28日 (土)

今晩は休み

Fe_060127
  今日は夕方から観望会.その時刻には全天のおよそ8割が雲に覆われていた.なんとか見えた土星もシンチレーションが悪く,全然良く見えなかった.
  観望会終了後,ふれあいの里 天文同好会の例会に出席.この時刻になると今度は8割が晴れ,シンチレーションも良くなり,素晴らしい土星の姿を堪能した.夕方これほど良く見えていればさぞ充実した観望会だったろうに.まぁでもこんなものか.
  例会終了時は今度は全天が晴れ.しかし,今日はふれあいの里に宿泊客がなく,職員の宿直もないとのことなので天文台 での撮影も断念(ふれあいの里の敷地内に自分一人しかいないという夜を過ごすというのはやっぱり嫌だ),帰宅することにした.ふれあいの里を出発する時には結構良い空かなぁという感じで,「こりゃあ帰ったら何かしないと勿体ないぞ」と思っていたが,いざ帰宅してみるとそうでもなかった.今日の写真もいつもに比べて低空が明るく写っている.これは空の透明度が低く,地上の灯が散乱しているためだ.こんな日に撮影をしても良い結果が得られる可能性は低いので,それよりも溜りに溜った疲労を抜き,体調を修復するために今夜は久しぶりにゆっくりと床に就くことにした.

  明日も観望会の予定.このところこちらも(って,こっちが仕事なのだが)忙しい.天気予報によれば明日の夜はしっかりと晴れるようだ.こんどこそ素晴らしい土星を拝めるといいのだが...

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年1月27日 (金)

今晩もまた…

Fe_060126
  撮影中…
  どうにかならないものか…これで4晩連続…これでは体がもたないぞ…
  この状況で風邪が治るはずもなく(実は昨晩よりマシにはなっているのだが),今晩もまた,鼻水をすすりながら,ときおり咳こみながら撮影に臨んでいる.

  昼間から時おりめまいがしている.時々目が霞む.はっきり言って辛い.しかしだ,昨晩の成果は実に満足のいくものだった(処理は済んでいるのだが,HTMLを書いている時間が取れずにまだアップできていない)し,今晩のターゲットはホームページに掲載している「ロクでもない画像」の撮り直しとあっては休んでいる場合ではない.時々旅に出てしまう意識を必死に呼び戻しながらなんとか撮影を続行している…

  で,今日もまた撮影中の夜空.今晩はやや透明度が低く,空を駆ける獅子もやや元気がないようだ.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月26日 (木)

新作その2

こじし座の系外銀河NGC3432
  前回の新作はあまりにも面白くない天体でしたが,今回はなかなか面白い天体,こじし座系外銀河NGC3432 です.エッジオンタイプの銀河なんですが,かなり歪んでいます.いったいどうしてこうなってしまったんでしょうね?右下に見える実に淡い銀河は矮小銀河でUGC5983です.最近,どうもStellaImage5での処理ではイマイチ綺麗にならない時があって,今回は久しぶりにStellaImage4も使ってみました.いかがでしょうか?
  実は昨晩は撮影中に居眠り(実に危険ですね)をしてしまい,少し時間をロス,総露光時間はわずかに4時間におよびませんでした.現在も撮影中だったりしますが,これで3晩連続なので時々意識が遠くなってます...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今晩も撮影中

Fe_060125
  昨晩までで2晩連続で撮影,猛烈な睡眠不足の上,連日の寒さで風邪ぎみ.昼間はやや雲が出ていたし,今夜は雲ってくれと切に願っていたのだが...昼間何度天気予報 をチェックしたことか.その切なる願いも虚しく見事に晴れた...おかげで鼻水をすすりながら連続3晩目の撮影に臨んでいる...

  どうも最近こうして連続で晴れる夜が多い気がする.その割には年間を通してみると晴れる夜が少ない.年間を通して晴れたり曇ったりだと撮影も楽で,成果も上がって言うことなしなのだが,やっぱり世の中そううまくは行かない...

  そんな訳で今日の写真も撮影中の夜空.機材を設営しているときはややくすんだ感じかと思っていたが,こうして見ると血行もとい結構澄んでいるようだ.天空高く駆けるしし座 がなんともカッコいい.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月24日 (火)

今日も撮影中

Fe_060124
  またしても2晩連続で撮影をすることになった.とは言え,昨晩(というより今朝だが)は3時過ぎには床に入ったので2徹と言うわけではないが.
  昨晩と違い,今日のターゲットはなかなか面白い.まだアルコールは摂取していないし,今日は眠くない……といいのだが,世の中やっぱりそううまくは行かない.やっぱり眠いものは眠いのだ.ついでに今日はずいぶんと寒い.予報によると水戸地方の明日朝の最低気温はまた−7度だそうだ.こりゃぁ眠ってしまうと大変かもしれない.

  写真は今日も撮影中の夜空.今日の透明度は可もなく不可もなくといった程度だが,珍しく空気が安定しているらしく,あまり星が瞬いていない.
  この時刻,天頂付近が丁度冬の星座と春の星座の境になっている.この寒さももう少しの辛抱か...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新作…

おおぐま座の系外銀河UGC5247
   はっきり言って面白くもなんともないですが,一応昨晩撮影した新作,おおぐま座系外銀河UGC5247です.
  いくらなんでも面白くないですね.これでも総露光時間は3時間46分ですが,「写っただけ」です(笑).どうも私の参考にしているデータが間違っているらしく,そのデータによると視直径は長径で13.2分ということになっている(NGC891は13.4分)のですが,どう見ても3分弱くらいしかありません.この天体,実は2001年に既に撮影していて,これまでその時に撮影した画像を掲載していたのですが,あんまり酷いので冷却CCDで撮り直した訳です.でもあんまり変わった感じがしませんね.それでもまぁマシにはなったのですが...

  あぁ…またつまらぬものを撮ってしまった…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

撮影再開

Fe_060123
  午前中に雪が降ってきてびっくりしたものの,今晩は良く晴れ,いよいよ撮影再開となった.一昨日雪が降り,今日もまた降ったのでかなり寒いことを覚悟して撮影に臨んだのだが,実はそれほどでもなかった...
  のは良いのだが...

眠い……

  10日と少し,のんびりとした生活に慣れて体が鈍っているせいか(いきなりビールなんぞ飲んでから始めた所為だってば)とにかく眠い.まぁ今晩は1:30頃までには月が上がってくるのであと少しの辛抱ではあるのだが.

  それにしても今晩のターゲットはとてつもなくマイナーな天体だ.実はすでにホームページに写真を掲載している写真の撮り直しではあるのだが,はたしてこんな天体の写真を撮ることに意味があるのだろうかと疑問に思ってしまうほどマイナーだ.撮影用PCの画面に現われた画像を見ても全然面白くない.そんな訳で気合いが入らず,余計に眠い...

  写真は撮影中の夜空.今日も良く晴れてはいるのだが,とりたてて綺麗な星空だというわけでもないようだ.今晩はこじし座あたりの銀河を撮りたかったのだが,いつまでも酷い画像を掲載しておくわけにもいかないだろうということで,前述のつまらない天体の撮り直し.まぁ明晩あたりからが本番ということにしようか...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月23日 (月)

雪の翌日

Fe_060122
  雪が降った日,あるいは翌日に良く晴れると素晴らしい星空に出会えるものだ.今日も昼間から楽しみにしていた.
  が,結局はそれほどでもなかった.まぁ綺麗と言えば綺麗なのだが,この時期はこんなものだ.とりたてて綺麗というわけでもないようだ.
  写真は今日も自宅の夜空.この写真を撮った直後,東の空,しし座の下あたりをシリウスより少し暗いくらいの明るい流星が流れた.

  そろそろ月が暗くなってきた.のんびりと過ごす夜もそろそろ終わり,明日あたりから撮影再開となりそうだ.天気予報によると明晩は良い天気になりそうだし.さて,明日からの激闘にそなえて暖かい布団を堪能しておくか...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月22日 (日)

雪景色

Fe_060121
  いや降った降った.水戸でこれほど雪が積もるのは年に1度か2度程度だ.朝起きた時には素手もとい既に数cmほど積もっていた.当然予定されていた観望会は中止だろうと思っていたのだが,主催者からは「それでも来てほしい」との電話が入る.とは言えこの雪の中車で出かけるのは無謀(雪の多い地方の方にはなんと軟弱なと思われそうだが,関東,特に水戸では雪が積もるのは本当に珍しいので雪に慣れていないのだ.実際,自分の車や天文車も含め,私が運転できる車で雪対策の装備がある車は一台もない)なので丁重にお断りした.

  写真は自宅の夜空.こんな時くらい雪景色を撮ろうかとも思ったがあえていつものように空を撮った.雪が止んで数時間が経過しているので少しくらい星が見える事を期待した(雪が積もった直後の星空は本当に綺麗なのだ)のだが,やっぱり世の中そううまくはいかない...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月20日 (金)

幸運

Fe_060120
  昨日ここに書いたように,今日も観望会.そして天気予報は絶望的だった.開始時刻の午後6時頃には順調に(?)曇っていた.主催のPTAの方々は残念がっていたが,ある意味私の思惑通り自作プラネの活躍となった.11月に完成したこのプラネ投影機,じつはこれでようやく4回目の出番である.しかも小学校ではこれがデビュー戦だ.
  で,投影本番.実に怪しい青空投影機の灯が暗くなり,天井や壁が満天の星空に変身すると,子供達から「わぁ〜!」と歓声があがる.この歓声は何度聴いても嬉しいものだ.一通りの解説をしたところで,このプラネ投影機が実は私の手作りであることを明かすと期せずして拍手が巻き起こった.その嬉しかったこと!思わずちょっと涙ぐんでしまった.

  そんな訳で概ね好評のうちに屋内での天文教室が終了.外に出てみると結構星が見えているではないか!急拠望遠鏡を展開して土星を見ることに.これまた皆喜んでいたようだ.結果的には実に内容の濃い(と私は思っている)観望会になった訳だが,最初から晴れていたらこうはいかなかっただろう.世の中何が幸いするか解らない...

  写真は帰宅後自宅にて.この時刻にはすでにだいぶ薄雲が張り出していた.
  明日もまた観望会の予定.明日こそ絶望的な天気予報(夕方から雪!)だがどうなることか.明日は参加人数460人という大規模な観望会なのだが...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月19日 (木)

観望会

Fe_060119
  今日は市内某所での観望会.北西の風が強く吹いていて猛烈に寒かったが空の透明度は抜群.主砲の30cm鏡ではh-χは無数の金銀の砂をちりばめたように見え,オリオン大星雲はトラペジウムあたりのガスの湖面が波打つような模様や,トラペジウム南東側のブライトバーが見え,明るい部分はほんのりと赤みがかかっていて実にすばらしい光景だった(もっともこれは目が慣れている私にしか見えなかったようで,参加者はほとんど解らなかったようだが).
  ここまでは良かったのだが,主役の土星はあんまりと言えばあんまりという見え具合で,点数の付けようがないほど酷かった.まぁこれだけ風が強ければ仕方がないのだが,「土星には環がある」ことしか解らないという状態.私としては非常に欲求不満だったのだが,観望会終了後,小学校の先生に「いつもは物事をはっきりと言えない子が,迎えに来たお母さんに会ったとたん,嬉しそうに「土星を見たんだよ!」と言っていた.よっぽど嬉しかったんだと思う」というお話しを聴いて,私も嬉しかった.まぁ今日はこれで良しとするか.

  写真は帰宅時の自宅の夜空.あれだけ透明度の高かった空に,北西の風の影響か筋状の雲が張っている.
  明日も観望会の予定.天気予報からするとちょっと無理そうだ.明日は曇りor雨なら自作プラネの活躍となるので私自身はやや複雑な心境だがさてどうなるものか...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

安物買い

Fe_060118
  長く使っていた安物の腕時計の電池が切れた.当然,電池の交換なんて勿体ないので新しいものを買うことにした.星屋としてはせっかく買うなら電波時計だろうと思ったのだが,これが結構高い.デジタルコンパス,気圧,温度計がついているものや,(本当はダイバー用だが)月齢表示のあるものなど欲しかったが,欲しいもの&必要なものが渋滞しているのに予算が足りてない現状では如何ともし難い.しかたなくせめて安い電波時計(しかも東日本でしか使えない40kHzモデル)を買った.なんとなく失意ではあったものの,「これでいつも正確な時間がわかるぜ!」と思っていたが,説明書を見てみると「時計内部の時刻演算処理等により,時刻表示に1秒未満のタイムラグが生じる場合があります」とのこと.そんなものなのか!まぁいいか,掩蔽観測をするわけじゃないし.でも「電池寿命が1年」とある.げ,ということは来年また買わなくてはならないということか...なら3倍の値段でも電池寿命3年のものなら変わらないということではないか.「安物買いの銭失い」とはよく言ったものだ...

    今日の写真は自宅の夜空.あかるい月があるものの,空の透明度は抜群で吸い込まれそうだ.諸々の事情が重なっていきなり忙しくなってしまったので当分の間は写真を撮りに出かけることができなさそうだ.まぁどのみち来週からはそれどころでもなくなるのだが...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月18日 (水)

ないものねだり

Fe_060117
  撮影が続いていた頃夢にまで見たこののんびりとした夜にもそろそろ飽きてきた.眠気と寒さに耐えつつ撮影を敢行し,その出来栄えに一喜一憂するあのエキサイティングな日々が恋しい.そしてまた撮影が続くようになれば今のようなのんびりとした日々が恋しくなるくせに.我ながらなんと「ないものねだり」かと呆れてしまうが,いつもこの繰り返しだ.
  ここのところ曇りや雨の夜が続いていたが,今日こそは晴れだ…と夕方までは思っていた.実際職場を出る時までは確かに晴れていたのだ.撮影場所を探して少しドライブをしたが良い場所が見付からず帰宅.少し休んだあと写真を撮りに外に出てみると空一面の薄雲.明後日からしばらくの間は頻繁に観望会があるのに大丈夫だろうか.

  と言う訳で今日の写真は自宅の夜空.齢17の明るい月が中天に煌々と輝き,全天に薄い雲がでているが,思いの他星々も見えるようだ.

  先日どうしてもカラーバランスの調整がうまくいかなかったNGC1975ほかの画像を処理しなおしてみた.今度はなかなかうまくいったようだ.

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年1月17日 (火)

雨…

  もう夜が明けてしまったが,昨晩は雨...また暖かい夜だった.
  最近あまり良く晴れない.今は月が明るいので私的には夜の天気はどうでも良かったりするのだが,この天気が続くと困る.おとめ座かみのけ座の銀河たちに会えずにシーズンが終わってしまうのはとてもさびしい...

  雨のため,今日も写真はなし.決して寝坊したからではない...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月16日 (月)

暖かい

Fe_060115
  今晩は暖かい.この時刻でも屋外の気温は5°C.ついこの間の最低気温− 7.7°Cというのがうそのようだ.
  私の記憶が正しければ,1月15日というのは「平年の最低気温」が年間最も低い日のはずだ.まぁ完全に正しくなくてもその前後2,3日であることは間違いない.なので,この日を過ぎると気分的に楽になる.「これからは暖かくなるはずだ」と思えるからだ.同じ寒さでも「これからもっと寒くなる」と思うのと「これからは暖かくなる」と思うのでは精神的な負担が全然違う.
  寒さからくる苦しさが減るのでこれからは天体写真の撮影もだんだんと楽になってくるわけだが,これが嬉しいかというと必ずしもそうではない.関東地方ではこの時期が最も天候が安定する時期で,これを過ぎると曇の夜の割合が格段に高くなるし,私が最も「見たい」「撮りたい」と思う天体は年末から今ごろまでが「旬」なので,これをすぎると興味のある天体が格段に少なくなってしまう.つまり,精神的にも肉体的にも楽にはなるのに,撮影そのものがイマイチ面白くなくなってしまうのだ.

  やっぱり世の中うまくいかない...

  今日の写真は自宅にて.かなり雲量のある空だが,満月過ぎの月が中天に輝いている.これだけ暖かいので「春の空気」が感じられるかと思って外に出たのだが,ただ暖かいだけで空気は冬そのものだった. 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月15日 (日)

今夜は雨

  今夜は夕方観望会の予定だった.しかし雨.しかも今でこそ少し落ち着いているが,夕方は激しい雨&風だった.茨城県南部には大雨洪水警報も出ていた.そりゃぁね,昨日ここに「どうせダメならしっかりと雨になって欲しい」とか書きましたよ.でもね,なにもそんなにムキになって降らなくても...どうも天気というやつにおちょくられているような気がする...一時は道路が川のようになり,センターラインが見えなくなるほど激しい雨だった.まぁお蔭で観望会の実施についての問い合わせも一件もなく(誰がどう見ても中止だわな)気楽ではあったのだが.

現在も結構雨が降っているので今日も写真はなし.つまらない...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月14日 (土)

観望会

  昨日(13日)の夜には某小学校で観望会の予定だった.が,朝からどんよりとした曇り空.午前中のうちに延期するとの連絡があった.可愛そうに...一昨日ならできたのに...
  この小学校,どういう訳か観望会が晴れに恵まれない.よほどの雨男or雨女がいるに違いない.「お前はどうなんだ」と言われそうだが,私は雨男なんだか晴男なんだかどっちだかもう解らない.私ほど毎晩天気を気にしている人が晴男だったら水不足になってしまうだろうし,雨男だったら日照不足になってしまうだろう.ただ,曇っちゃえばいいのにと思うと晴れるし,晴れて欲しいと思っていると曇ってしまう,つまり,「願った通りの天気にはならない」という傾向は強いようだが...

  現在は小雨が降っている.いつもの夜空の写真を撮って撮れないこともないが,機材を濡らす危険をおかしてまで撮ることもないだろうということで今日は写真はなし.どうせ撮ったところであのブキミな写真になるだけだし...

  さて今日の夜も観望会の予定.雨天or曇天なら中止の予定なのだが,天気予報は絶望的.どうせダメならしっかり雨になって欲しいものだ.どっちつかずの天気が一番嫌だ...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月13日 (金)

さらに新作

NGC3184
  NGC1975ほかの後に撮影したふたご座散開星団NGC2420です.これもデジカメでの作品なので,やっぱりカラーバランスには苦労しました.これまた青みが強くなってしまった感がありますが,まぁまぁといったところでしょうか.ようやく星像の歪みが気にならないレベルになってきましたが,星像が「ボテッ」としているのが気になります(掲載画像は気にならないように縮小して誤魔化していますが).そのうち何とかしなければなりませんね.

  今回の月のフェイズの新作シリーズはこれで終わりです.次は今月末くらいからでしょうか.あと約10日,じっくりと暖かい布団を堪能しておかなくては...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今度こそ

Fe_060112
  今日の写真は「大塚池公園」にて.つまり,今度こそ撮影に出かけた訳だ.撮ってきたのはこれを含めて3コマだけだし,格段面白い写真になったわけでもないが.
  市街地からそう遠くなく,それなりに(少なくとも地元では)知名度の高い場所で夜空の写真を撮るというのはなかなか難しいものだ.一度,例えば水戸駅のペレストリアンデッキのように思いっきり街中で撮ってみたいものだが,そんな場所に一人で行っていきなりカメラと三脚を持ち出したら奇異の目で見られること間違いなしだ.水戸芸術館で,あのタワーを入れた構図でも撮ってみたいが,あの場所は夜はカップルで一杯だ.そんな場所でカメラを持ち出すというのもちょっと...この間は常盤神社の鳥居の前でと思ったが,この物騒なご時世では誰かに襲われそうでちょっと恐い.つまり,「変な人だと思われてはまずい」し,「変な人がいる場所に行ってもまずい」わけだ.幸い,今日行った大塚池公園は明るすぎない街灯があり,変な人もいなかった.まぁ池で賑やかに合唱していた白鳥たちには「変なヤツがいる」と思われていただろうが...

  今日はオリオン座のすぐ上に月が見えている.狩人オリオンと月の女神アルテミスの月に一度のデートの日というわけだ.今日の月齢は12.4.アルテミスはちょっと太りすぎか...

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年1月12日 (木)

疑問

Fe_060111
  昨日 はあちこち彷徨った挙げ句に徒労に終わったので,今日こそはどこかに撮影に行こうと張り切っていた.朝から今晩はどこへ行こうかと茨城県や水戸市の地図,観光案内まで持ち出していろいろと考えていたのだが...

  いざ仕事が終って出かけてみると,にわかに曇ってきた.周到に用意をしたときというのはいつもこれだ...

  仕方がないので帰宅.Star Wars のDVDなど見ながらのんびりと過ごす...で,ふつふつと湧いてきた疑問.
  「ジェダイの騎士達って,未来の天気も予見できるんだろうか?」
ま,どうでもいいか...

  という訳で,写真は今日も自宅からの夜空.雲がところどころちぎれていて,時々月が顔を出す.そのおかげで,今日の写真はあまりブキミではないようだ.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月11日 (水)

またまた新作

Ngc1975_060107
  先週の土曜日(お客さんが一人も来なかった日)にふれあいの里天文台の40cm鏡+EOS Kiss Digital で撮影した新作,オリオン座NGC1975ほかです.
  ノーマルのキスデジで撮影したものですから,やっぱり赤味に乏しく,色彩感はやや冷たい感じになってしまいました.これだけ青が強い対象だとカラーバランスの調整が難しく,色合いはイマイチです.それでも複雑に絡むガスの感じとか,南部(下側)に重なっている暗黒星雲の感じなんかは結構気に入っています.
  新作はもう一つあります.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

徒労…

Fe_060110
  今晩はここに載せる写真を撮りに市内をあちこちと彷徨ってみた.が,これがなかなか難しいものだ.
  街中でいきなり撮影を始めたら思いっきり怪しい人だし,このご時世,学校の近くなどもっての外だ.かといって,あまり人の目につく心配がなくてもこちらの身の危険のあるような場所でも困る.そんなこんなで1時間程ドライブをした挙げ句,良い場所が見付からずに帰宅.難しいものだ.
  ...で,諦めて帰ったのだからすぐ自宅で撮影すれば良かったのだが,「その前にちょっと一眠り」と思ったのが間違いで,やっぱり寝過ごした.そんなこんなで,写真はいつもと同じ自宅にて,午前1時過ぎの星空.せめてもの抵抗で今回は構図を変えてみた.だからといって別段面白くなったというわけでもないのだが...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月10日 (火)

モーツァルト生誕250周年

Fe_060109
  今年はモーツァルト生誕250周年.夕方の「クローズアップ現代」でもモーツァルトがテーマだった.あの小柴先生もモーツァルトを愛する一人だそうだ.そう言えば昨年100周年だった「特殊相対性理論」のアインシュタインもまたモーツァルトを愛していたそうだ.実はかつて某市民オーケストラの団員でもあった私が共演していただいた有名フルート奏者に書いてもらった色紙にそのアインシュタインの言葉が書いてあった.

『死とはモーツァルトが聴けなくなることだ』

  今日の写真も例によってブキミな曇りの夜空.月が見えそうで見えない.
さて,今晩は「アマデウス」でも見てから寝るとするか...
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 9日 (月)

今日から休み

Fe_060108
  連休のことではない.月が明るくなり,月没の時刻が遅くなってきたので,再び月が暗くなるまでは天体写真の撮影は休みということだ.
  こうなると実に開放的な気分だ.これだけ良く晴れていても暖かい布団でぐっすり眠ることができる.寒さに耐える必要がない.ちなみに水戸地方の明朝の最低気温は-7°Cとの予報だ.撮影をやらない日になんぼ寒くても少しも恐くない.
  今回の開放感はまた格別だ.年末からほぼ2週間,われながら実にがんばったと思う.撮影回数が8回,新作の数は(未発表も含め)11,総露光時間は24時間と30分.途中半死半生になりながらも(また数kg痩せてしまった...正月は一生懸命食べたのに)気に入った作品もいくつか撮れたし,実に総会もとい爽快だ.

  今晩は早々と「飲んだ」ので写真は自宅の夜空.月の近くには火星が(写真ではぎりぎりわかるくらい)見えていた.「あぁ,あれから月が一周したんだなぁ」としみじみ思った.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 8日 (日)

久しぶり

Fe_060107
  そろそろ月も明るくなり,冷却CCDを持ち出すには時間がたりないので,久しぶりにふれあいの里天文台に遊びにいった.今日も天文台は20:30開館...が,一般のお客さんは
一人も来なかった...
  月も土星も見られるお特な日だったのに.

  まぁそんなもんだ.この寒さだし.好き好んで氷点下の屋外に出ようなんて考えるのは頭のネジが2,3本外れているようなヤツだけだ...と書いている本人は朝まで粘っていたわけだが.

  結局私は午前3時過ぎまで40cm鏡&デジタル一眼で天体写真を撮っていた.今晩も寒かったが一昨日の朝程ではなかった.ドームの中での撮影だったし...

  ということで,今日の写真は片付け終了後,ふれあいの里天文台の厳寒もとい玄関前にて.この時刻,おそらく1年で一番寒いはずだが,空はもう春の星座でいっぱいだ.頭上にはししおおぐまが君臨している.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 7日 (土)

そしてまた新作

Ngc3726
  1月5日〜6日にかけて,最低気温ー7.7°Cという寒さに耐えて撮影した新作,おおぐま座系外銀河NGC3726です.ややNoizyな感じではありますが,系外銀河としてはカラフルですし,結構良い感じに撮れたと思っています.先日の「ふくろう星雲」のときはうまく行かなかったガイドも今回は調子よくいったようです.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デザイン一新!

  何も解らずに始めたこのブログ,最初はniftyで用意されていたテンプレートで始めてみたのですが,そろそろあれから一ヵ月,ホームページと統一感のあるデザインに一新しました.まだイマイチ解らないままやっていますので,不具合などあるかもしれません.「読みにくい」「うまく表示されない」等ご意見がありましたら,適当な記事にコメントしてください.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

怪我の功名

Fe_060106
  昨日は結局朝まで曇ることなく撮影を終えた.撤収作業を終えて床に就いたのが午前6:30頃.非常に寒かった(水戸地方の最低気温は-7.6°C).そして8:00頃までに出勤.キツかった..そして,一日の仕事を終えて帰宅した午後8:00過ぎは幸か不幸かどんよりとした曇り空だった.

    ...が,明け方には快晴で,今晩も綺麗な星空を見ることができた.

  写真は午前4:30頃の自宅の夜空.とは言っても,この時刻まで「ねばって」モノにした写真ではない.帰宅後「今夜はもうダメだろう」と思ってすぐあのブキミな「曇りの夜空」を撮影したのだが,露光時間を間違え,真っ白な写真になってしまっていた.「ちぃぃ!撮り直さんといかん!」と思ったのだが,曇り空ですっかり気が緩んでいてすぐ撮り直す気力がなかった.「とりあえず仮眠をしてから...」と思ったのが間違いで,目が醒めたのが午前4:30頃.「まぁどうせ曇りだろうが...」と思いつつも外へ出てみるとなんと満天の星空だったというわけだ.そういえば昨日は何をやってもうまくいくラッキーな一日だった...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 6日 (金)

失敗

Fe_060105
  失敗…といっても先日のような判断ミスのことではない.
  昨日は見事な(?)曇り空だった.誰がどう見ても天体写真の撮影などできるはずもない天気で,悩むこともなく撮影は中止だった.
  それはいい…
  安心して休めるのでゆっくりと過ごした.
  それもいい…
  問題は調子にのってDVDなんぞ見ながら夜更しをしてしまったことだ.せっかくの休みだというのに午前3時を過ぎるまで起きていた.お蔭で無意味に寝不足だ.こんな日にはやっぱり曇ってくれれば良かったのだが,世の中そんなにうまくは行かない…現在,眠い目をこすりながら撮影中だ…
  毎度毎度思うのだが,実に厄介な趣味だ.当然,寒さに震えながら,眠気を晴らすために自分の頬を張りながら過ごす夜というのは辛い.これまた当然のことながら,そんな辛さに耐えるのは嫌だ.とは言え,(この季節は特に)その辛さに耐えないと天体写真は撮れない.しかも,なんとか暖かく過ごせて,撮影も自動的にできるように工夫して楽をすれば良いかといえばそうでもない.あんまり楽だと面白くない.後で見る時には辛い思いをして撮影した写真ほど嬉しいものなのだ.極端に言えば,あんまり楽に撮影できてしまうと,ネットで見るのと大佐もとい大差なくなってしまうのだ.あぁ,なんと厄介なものにはまってしまったことか…

  写真は今日も撮影中の空.この写真には写らなかったが,今夜は結構流星が流れているようだ.1等星クラスのものもいくつか見られた(流れた方向から言って,しぶんぎ座流星群とは違うようだ).一見するととても良い星空に見えるが,南の低空にははっきりとした雲が見えている.経験上,このような状況のときは遅かれ早かれ雲に邪魔されることになるのだが,はてさてどうなることか...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 5日 (木)

今夜は曇り…

Fe_060104  全くうまく行かないものだ.昨日判断を誤って撮影をせず,「明日のためにしっかり休んでおこう」とか思っていたのに,今日になってみればこれだ.まぁこのくらいしっかり曇ってくれれば悩む必要もなく,精神衛星もとい衛生上は良いのだが.

  今日はいわゆる「御用始め」という日だ.とは言え,星相手に仕事をしている私に正月休みもへったくれもなかった訳で,でもその割には「休み明け」で「月始め」の仕事がたくさん回ってくるので目の廻る忙しさだ.まぁ半分(最近は3/4くらいかも)は趣味なのでそれほど苦になる訳でもないのだが.こんな日の夜が曇りというのはある意味有難い.

  今日の写真も自宅にて.まぁこんな日にどこかへ出かけて撮影しても何の意味もないだろうが.それにしても円周魚眼レンズで撮影した「曇りの夜空」というのは何ともブキミだ...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 4日 (水)

新作その8(最終回)

Planetary Nebula M97 'Owl Nebula' 新作シリーズその8,今回のシリーズ(とりあえず)最終回&今年最初の作品,おおぐま座惑星状星雲M97『ふくろう星雲』です.

  新年早々,頑張りました.総露光時間は241分,4時間超の力作です...ってところまではいいんですが,追尾がイマイチでやや流れてしまっています.昨年デジタル一眼で撮影した対象ですが,今回は冷却CCDで撮り直しました.やっぱり全体的な写り,色合いともにこちらの方がずっといいようです.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年1月 3日 (火)

失敗…

Fe_060103  今日は判断を誤った.昨晩の撮影で寝不足なのと,厳しい冷え込みで「休みたい」という気分になっていたところへ来て,機材の準備をしなければならない時刻に南〜南西の低空がやや霞んで見えていた.雲なのかどうか判断がつかなかったので,いつもの魚眼レンズで写真を撮ってみたところ,確かに雲が写った(写真は上が北.確かに低空に雲が写っている).どうしようか非常に迷ったのだが,結局撮影を断念することにした.

  ところが,この雲,ものの5分位で消えてしまったのだ.「しまった,やればやれたじゃないか!」と思った時はあとの祭り.その時点から準備をしていたのでは充分な露光時間がとれない...「休みたい」と思っているところに薄雲が...ある意味実に都合の良い言い訳ができたのだが,やっぱりチャンスを逃したというのは悔しいものだ.明日は多少条件が悪くても強行することにして,今日は明日のためにしっかり休んでおくか...

  今日の写真はその「判断を誤らせた」写真.南〜南西,オリオン座の下,うさぎ座の下限あたりまで雲が見えていた.が,この雲はその後すぐ消えてなくなり,見事な快晴となった...

| | コメント (0) | トラックバック (1)

新作その7

Ngc3448新作その7,そして昨年最後の作品,おおぐま座系外銀河NGC3448です.

  ぱっと見,あんまり面白くない天体ですが,よくよく見ると横方向やや右下がりにアンテナ構造が見えます(「見える!」と信じて見てください.ほ〜ら見えてきたでしょう?)

    最後の青画像露光中に雲が出て来て撮影が強制終了になってしまったため,色バランスをとるのにだいぶ苦労しました.また,あと40〜50分露光するはずだったのを中途終了したため,露光不足が残念です.いつかまた撮り直そうと思っています.

    これで昨年の作品は全て終りですが,新作はまだ続きます.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

撮り初め

Fe_060102私の正月は長くは続かなかった.昨日は雨のため,ゆっくりとした元旦を過ごしたのだが,今日は「どうせダメだろう」という予想に反して実に良く晴れた.

  というわけで,新年早々,現在撮影中.撮影地になっている自宅前のいつもの場所は地面が濡れていてちょっとやりにくいがまぁ我慢.さて,今年はどんなドラマが待っているのだろうか.どうか今年が(天気の)良い年でありますように...

  写真は例によって撮影中の夜空.透明度はもっと悪いかと思っていたが,じつに綺麗な星空だ.東から昇ってくるしし座が実にカッコいい.しし座は春の星座だが,春になって,春霞の中頭を下にして落っこちていく姿より,この季節,寒空の中を元気に駆け上がっていく勇姿の方が絶対にいいと思う.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 1日 (日)

今夜は雨

今夜は雨だ.しっかり降っている.機材が濡れるのでいつもの「夜空の写真」もなしだ.こんな夜は一番安心して休める.こんなにゆったりとした気分で床に就けるのは実に久しぶりだ.つい先日まで毎晩寒さと眠気に耐えながら過ごした時間を,今夜は暖かい布団の中でぐっすり眠って過ごせるのだ.なんという幸せ!

  その一方で明日あたりはそろそろ晴れてほしいと思う自分もいるわけで,「なんと厄介な趣味を持ってしまったものか...」ということも痛感しているのだが...

| | コメント (2) | トラックバック (0)

新作その6

Ngc3486新作シリーズその6,そして今回のシリーズの本命,こじし座系外銀河NGC3486です.

  どうです?綺麗でしょう!この天体,ネットでもあんまり画像を見掛けないんですよね.そんな天体を淡い部分まで,また色あいもなかなか良い感じで撮影できて,とても満足しています.これを撮影した日で実に4晩連続,半死半生の状態で撮影したのですが,その甲斐があったというものです.こんなことがあるから,天体写真って,どんなに辛くてもやめなれないんですよねぇ...

  そして新作はまだ続きます...

| | コメント (1) | トラックバック (0)

謹賀新年

Fe_051231今夜は明け方から曇りの予報.午後9時頃からすでに曇りという予報も出ていた.午後10時頃,南に雲が出ているのが見えたので,今晩は充分に露光時間が取れないだろうと判断して撮影を断念.でも,せめて新年を迎えた瞬間の夜空の写真だけは撮ろうと思っていたのだが...

  直前に眠ってしまい,寝過ごした.0:40頃飛び起きて外へ.晴れている...「こりゃあ(撮影を)やってみればできたかもなぁ...」と思ったが,もう仕方ないのでここに載せる写真だけ撮影.写真に撮ってみると,実は薄雲が結構でていたのだ.安心した.

  と言うわけで,今日の写真も自宅にて.本当は新年を向かえた瞬間の写真を載せるはずだったが,寝過ごしたので0:40頃のもの.目で見ては解らなかったが,薄い筋状の雲が結構広がっている.

  さて,今年はどんな年になるのだろうか...

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »